占いツクール
検索窓
今日:46 hit、昨日:223 hit、合計:38,328 hit

肉野菜炒め ページ5




午後6時、いつもの時間よりだいぶ早くインターホンが鳴った。珍しい、というか私まだ帰ったばっかりなんだけど。

ガサガサとうるさいレジ袋片手に、彼方くんは部屋に入ってきた。早く来ることよりこのレジ袋の方がよっぽど珍しいか。子どもの成長に感動する母親の心境で彼を眺めていたら、何をしてるんだと言わんばかりの冷たい視線を返された。


「キャベツ、にんじん、ピーマン、小松菜……これ、どうしたの?」

「近所のスーパーで午前中限定で安売りしてた。Aこないだ野菜ないって言ってたじゃん、だからこれ使って」

「……!覚えててくれたんだ、ありがとう!」


せっかく彼方くんが野菜をいっぱい買ってきてくれたから……うん、今日は肉野菜炒めと小松菜のスープにしよう。





「彼方くん、包丁くらいは使えたよね?にんじん半分を短冊切り、キャベツは……ちっちゃいし半玉をざく切り、ピーマン2個を細切り、できる?」

「できる。分かんなくなったら聞くわ」

「おっけー。手ぇ切らないでね」


せっかく人がいるんだから手伝ってもらわないとね。手早く作業を分担して、私はスープに取りかかった。

小松菜の泥を落として、根元を切り落とす。適当な幅に切りそろえ、ごま油をひいた鍋で炒めていく。

しんなりしてきたら朝沸かしたお湯を入れ、沸騰したところに溶き卵を投入、中華だしと塩で味を調えたら完成。


「……あれ、ちょっとA早くない?俺まだにんじん残ってるんだけど」

「彼方くんよりは慣れてるもん。あ、にんじんは他の2つと一緒にしないでね、先に炒めるから」


はいはい、の声を背中で聞き、私は冷蔵庫から使いかけの豚コマを取り出した。ちょっと多いかな……まあいっか。

1口大に切った豚コマ、にんじん、キャベツとピーマンを順番に炒めて塩こしょう。これくらいはできるようになってほしいものだけど。恐る恐るといった様子でフライパンを操る彼を見ていると、それも遠い未来のような気がした。







「彼方くん、料理できる人と結婚しなね」


「……Aも高望みしすぎて行き遅れるなよ」

ハンバーグ→←*



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (110 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
335人がお気に入り
設定キーワード:歌い手 , そらる
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

あいわな=あるてのちゃん - ローストビーフ丼は裏山ぁ...そらるさん、ちょっと俺にちょうだい...じゅるり。← (6月28日 17時) (レス) id: 8e46670866 (このIDを非表示/違反報告)
三崎(プロフ) - あいわな=あるてのちゃんさん» 美味しいですよね!私も最近作ったんですけど、何度食べても飽きないです! (6月23日 18時) (レス) id: 83ba49b51f (このIDを非表示/違反報告)
あいわな=あるてのちゃん - 豆腐ハンバーグマジ旨いですよね。ポン酢を掛けてごはんと一緒に食べると格別! (6月21日 21時) (レス) id: 8e46670866 (このIDを非表示/違反報告)
三崎(プロフ) - あいうさん» 優しいお言葉本当にありがとうございます。これを励みに頑張ります! (6月16日 18時) (レス) id: 83ba49b51f (このIDを非表示/違反報告)
あいう - あっやばい待って…好きです()。あ、初コメ失礼します。ふわふわした雰囲気好きです。無理せず更新頑張ってください。 (6月16日 16時) (レス) id: 433e61ff1e (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:三崎 | 作成日時:2020年3月22日 0時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。