占いツクール
検索窓
今日:50 hit、昨日:223 hit、合計:38,332 hit

炒飯 ページ14




「ねぇ、A」


果実酒の瓶の残りを全てグラスに注ぎ、一息にあおった彼は紅く色づいた顔で私に問いかける。


「Aのとこの職場さあ、いつ在宅勤務になんの?危なくない?」

「えぇ〜……公務員だからなぁ、多分同じ部署の人が感染したとかじゃない限り普通に出勤だよ。もちろん対策はしてるけどね」

「……俺の分まで飯作るの、負担になってない?」


へにゃりとしおれた耳と尻尾が見えるみたいだ。不安げな顔でこちらを見つめる彼の姿がどうも実家で飼っていた犬に見えてきて、思わずそのくせっ毛をよしよしと撫でる。


「だいじょーぶ。私も一緒にご飯食べるの楽しいし、無理はしてないよ。あ、でも買い物手伝ってくれたら助かるかもしれないな」

「……!分かった」


分かりやすく瞳を輝かせる彼方くん。耳はぴょこぴょこと、尻尾はぱたぱたと絶えず動いているみたい。……やっぱりうちの犬と似てる。


「とにかく、何か困ったら俺に頼って。いい?」

「はいはい。ありがとね」


……まったく、頼りがいのある忠犬だ。





「あ、俺が代わりにご飯つくって待ってようか?」

「いやそれはほんとにやめて?」





大丈夫、なんて言ってはいたけど、やっぱり忙しいものは忙しいわけで。

今後の計画や対策など、考えなければいけないことは増えるばかり。普段よりも人気(ひとけ)のない道は、私をなんとなく寂しい気持ちにさせる。

金曜日だというのに、定時上がりするという淡い期待さえ叶わなかった私は、いつもよりも早足で街を歩いていた。やばい、彼方くん待たせてる。

慌ててドアを開け、いつもの癖で「ただいま」と呟くと、台所に立っていた彼方くんが「おかえり。お疲れさま」と振り返った。その手には朝使った食器と布巾が。


「ごめん、待たせた」

「誤差でしょ誤差。勝手に皿拭いてたけど大丈夫だった?」

「うん、ありがとう。ごめんね」


……迷惑かけてるのは私の方じゃん。

*→←おにぎり3種



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (110 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
335人がお気に入り
設定キーワード:歌い手 , そらる
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

あいわな=あるてのちゃん - ローストビーフ丼は裏山ぁ...そらるさん、ちょっと俺にちょうだい...じゅるり。← (6月28日 17時) (レス) id: 8e46670866 (このIDを非表示/違反報告)
三崎(プロフ) - あいわな=あるてのちゃんさん» 美味しいですよね!私も最近作ったんですけど、何度食べても飽きないです! (6月23日 18時) (レス) id: 83ba49b51f (このIDを非表示/違反報告)
あいわな=あるてのちゃん - 豆腐ハンバーグマジ旨いですよね。ポン酢を掛けてごはんと一緒に食べると格別! (6月21日 21時) (レス) id: 8e46670866 (このIDを非表示/違反報告)
三崎(プロフ) - あいうさん» 優しいお言葉本当にありがとうございます。これを励みに頑張ります! (6月16日 18時) (レス) id: 83ba49b51f (このIDを非表示/違反報告)
あいう - あっやばい待って…好きです()。あ、初コメ失礼します。ふわふわした雰囲気好きです。無理せず更新頑張ってください。 (6月16日 16時) (レス) id: 433e61ff1e (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:三崎 | 作成日時:2020年3月22日 0時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。