占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:153 hit、合計:19,471 hit

Ep.16 猫ではありません ページ18



黒野side

休憩中、収録スタジオのソファから立ち上がって伸びをしていると、笑い声が聞こえてきた。
『黒野さんって意外と猫みたいなとこあるね』
「そうですか…?」確かに、そういう感じに聞こえそうな声は出したけれども、それでも違うんじゃなかろうか。

「大河さん、私ってそんなに猫っぽく見えます?」『見える見える。普段1人で遊んでるのに構ってほしいのか、物を落としたり走り回ったりして、注目を引きつけさせる感じの子猫に見える』

そんなに構ってちゃんでは無いし、その類の人は苦手なのに、そう見えていただなんて少し悲しい。私って猫に見えるんだなとかそういう思考から、じゃあ今度猫耳でも付けてみようかという単純な考えに至る。

『猫耳似合うからいいと思う。尻尾も付けてね?』うへぇ、尻尾だけは御勘弁を…とケラケラ笑いながら話せるのはなんだかんだ楽しい事だ。

Ep.17 可愛いは無限大→←Ep.15 ふわふわ…?


ラッキーカラー

あずきいろ


目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.4/10 (23 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
42人がお気に入り
設定キーワード:短編集 , 男性声優   
作品ジャンル:恋愛
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

この作品にコメントを書くにはログインが必要です   ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:美紅 | 作成日時:2019年10月9日 0時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。