占いツクール
検索窓
今日:1,356 hit、昨日:1,701 hit、合計:551,863 hit

ページ42

五条「アリス、蒼社って知ってる?」





ある日、悟が唐突にそんなことを聞いてきて。





『そこまで詳しくはないけど、五条家に昔から関わりがある家だと…』





五条家以外の御三家からはあまり良く思われていないことも知っていた。





『確か悟と同い年の子がいて…名前は…』




五条「A」





私が答える前に悟が言った名前は、明らかに女性のもの。



Aという名前を口にした悟はどこか寂しそうで、その時私は分かりたくもないことを分かってしまった気がした。





『どんな人?』





私の質問に悟は1度驚いて。





五条「Aのこと知りたいのかよ」




『うん』





蒼社Aのことを話す悟は、いつもの悟とは思えないほど、とても表情豊かだった。



許嫁である私のことは下の名前で呼んでくれないのに、蒼社の彼女のことは下の名前で呼ぶ。



その時点で私は彼の特別にはなれなかった。



悟の特別は、私が彼と出会う前から決まっていた。



そう理解した瞬間、蒼社Aという人間のことが憎く思えてきて。





『彼女は今も蒼社の家に?』




五条「いねぇよ」




『へ?』




五条「…1年前に蒼社の家を出たって聞いた」





悟の言葉を聞いて、私は心の底から安堵した。



良かった、私の居場所はなくならないと、彼の特別になれるのは自分だけだと思っていた。



高専に彼女が編入してくるまでは。










『さと……』





悟に会いに1年の教室に訪れた時だった。



あれは確か蒼社Aが編入してきた翌日だっただろうか。





五条「…多分、俺がAを好きだって思う気持ちはこれからも変わらない」




夏油「はは、悟からそんなまともな言葉が聞けるとは思ってなかったな。でもそれなら有栖院先輩はどうなる?婚約者だろ?」




五条「高専卒業して、それなりに自由になったら婚約は解消する」





絶対聞きたくなかった言葉が、悟の口からあっさりと零れて。



気付けばその場を後にしていた。



蒼社Aなんていなくなってしまえばいい。



彼女は悟のことを想っていない。



想っていたとしても、その気持ちは私の方が強い。



なのにどうして悟は私を想ってくれないのか。



分からなかった。



分かりたくもなかった。

・→←Ogi's story



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (769 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
1964人がお気に入り
設定キーワード:呪術廻戦 , 五条悟 , 伏黒恵
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

よっちゃん - すきすぎたやばいですね。。。。。。別の作品も頑張ってください (2月6日 3時) (レス) id: 7291101692 (このIDを非表示/違反報告)
刹葉(プロフ) - レネットさん» コメントありがとうございます!アリスのことを好きになっていただけて作者は嬉しいです…レネットさんの心を満たせるような小説を書けていたなら心から良かったと思います(^^)こちらこそ読んでいただきありがとうございました! (1月6日 11時) (レス) id: 1a2812ca8a (このIDを非表示/違反報告)
レネット(プロフ) - 最初読んだとき、アリスちゃん嫌な奴だな…と思ってたけど最後まで読んだらアリスちゃんを好きになっしまった…。そして七海のハンカチを差し出すという紳士的な振る舞いがカッコよすぎて心が満たされました。面白かったです。ありがとうございます。 (12月31日 23時) (レス) id: ec8ec8961f (このIDを非表示/違反報告)
刹葉(プロフ) - ccndayoさん» コメントありがとうございます…!とても嬉しいです。ccndayoさんの好みに合う小説を書けていたなら、良かったです(^^)こちらこそ読んでいただきありがとうございました! (12月28日 12時) (レス) id: 1a2812ca8a (このIDを非表示/違反報告)
ccndayo(プロフ) - 読ませて頂きました。もうホントに素敵すぎて途中途中感情移入しちゃって涙が出ました。小説も夢小説もたくさん読んできましたが私のどタイプな内容でした…。素敵な作品をありがとうございます (12月27日 22時) (レス) id: 625a5cfc03 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:刹葉 | 作成日時:2020年12月1日 16時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。