占いツクール
検索窓
今日:12 hit、昨日:72 hit、合計:72,587 hit

sweet: 3 ページ4

渉と坂田に流されて入ったこの男ばかりのこの部活で、なんとなく自分が遅れを取っているような気がして皆がぞろぞろと帰っていく中1人だけまだ楽器の前にいた。



「あのっ、Aさん!」



声のした方を見ると後輩の白髪イケメンがこちらを見ている。

仲が悪いわけではないが、そりゃあ軽音部でお泊まりー!とかなっても私は行けないし作曲とギター担当の真冬くんは基本私と一緒にいることはない。


とはいえ、楽器は基本的に弾ける彼のことだから分からないところを教えてもらうことはたまにある。



「その、ちょっと話があって……」

『ん?』



なんかすごい緊張してるから少しでも安心させられるようにできるだけ笑顔で応えるけど、おどおどするのはなおらない。

キーボード俺の方が上手いからお前やめろ!!とか言われたら心折れるしどうしよう、とか考えたけれど、そういうことは部長のそらるさんに言われるはずだからちょっと安心。



「……と、年下と年上の恋愛って、どう思いますか」

『え、』



唐突な恋愛相談をされて、確かにこの話題は私にしか話せないなと自己解決した。

真冬くんの真っ赤な目がぐらぐら揺らいで、私のことを貫くように真っ直ぐに見つめる。



『……いいんじゃない?ダメならこの世に年の差婚とか存在しないよ』

「世間的に、とかじゃなくて!Aさんはどう思うのかなあって……」

『……私?』

「は、はいっ」



今思ったけど、軽音部って幼馴染とかが極端に多いから極力敬語禁止のはずなのに真冬くんはめちゃめちゃ私に敬語を使ってくる。

いや、確かそらるさんにも使っていたから癖みたいなものなのかもしれない。



『分かんないけど……うん、いいと思うよ?同級生にしか恋しちゃいけないとかなったら私渉と坂田くらいにしかできないもん』

「そっか、はあぁぁ……そっかぁぁあ……」

『なんで?』



中学の時好きだった後輩が忘れられないのか、はたまた高校に入ってから先輩に恋をしてしまったのか。

どっちにしろ私に聞く必要なんてないのに。いや、この部活内唯一の女の意見としては貴重?


真冬くんはすぅっと息を吸うと、覚悟を決めたかのように私のことをしっかりと見る。



「Aさん、」

『な、なに?』



いつもおどおどしているのに、こんな真剣な目をするなんて知らなかった。

この世界に、私たち2人が取り残されたみたい。





「貴方が好きです、誰よりも好きです。

僕と、付き合ってください」

sweet: 4→←sweet: 2



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (225 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
333人がお気に入り
設定キーワード:歌い手 , まふまふ , うらたぬき
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

ゆゆ(プロフ) - わかなんさん» うわー!本当ですか!!嬉しいです!! (5月7日 23時) (レス) id: 689f20101f (このIDを非表示/違反報告)
わかなん - ヤバイ!!今までみたヤンデレ小説の中で、一番面白かった!! とてもいい作品なので星も付けました!本当にこの素晴らしい小説を読んで良かったです……!また、見たいです>∀< (5月7日 22時) (レス) id: 7becdfabf5 (このIDを非表示/違反報告)
ゆゆ(プロフ) - 千々さん» ほんとですか!嬉しいです……!!俗に言う依存、ってやつですね。離れたいと願っても脳裏にこびりついて消えてくれない存在とか素敵…… (4月10日 21時) (レス) id: 689f20101f (このIDを非表示/違反報告)
千々(プロフ) - 本当に泣きたくなりました。頭ではわかっていても、どうしても捨てられない価値観や感情があるんだなぁって思いました。ここまで感動したのはこの作品が初めてです。 (4月10日 21時) (レス) id: a6aff5c4e4 (このIDを非表示/違反報告)
ゆゆ(プロフ) - To-ka(aruto)さん» いやん嬉しいです( ; _ ; )ありがとうございます!夢小説ってこういう展開あんまりないよなあ……とか考えながら作るの楽しかったです! (4月10日 19時) (レス) id: 689f20101f (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ゆゆ | 作者ホームページ:NO  
作成日時:2020年3月5日 3時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。