占いツクール
検索窓
今日:15 hit、昨日:72 hit、合計:72,590 hit

sweet: 2 ページ3

「へ、へー!そうなんだ、知らなかったわ」

「それで告白しようと思ってて……2人とも同じクラスだしアドバイスとか欲しいなあって、」



引き攣った笑顔を見せるうらさんに気づくことなく、猫背で謙虚そうに頬をかいてまふは言葉を紡ぐ。



「ええんやない?まふはまふのままでいるのが1番!」

「そ、そうそう!つーかあいつもまふのこと好きなんじゃね?」

「ほんと!?!?そうだといい、なぁ……えへへ」



ぴくっとうらさんの眉が動いて、顔が一瞬だけ歪んだ。


嗚呼、これか。

まふとうらさんとの決定的な違いは、素直か否かなのである。良くも悪くも正しいことを言ってくれるまふと、いつも他人のことを思って我慢し所々流されてしまう癖のあるうらさん。


綺麗な笑顔を見せるまふに、何も言えないうらさんを見るのは胸が痛んだ。











「……なんで昼休み、引き止めなかったん?」

「引き止めたって意味ねぇだろ」



部活が終わって帰路につく。

昼休みからずっと不機嫌そうなうらさんと話すのは正直とても怖くて、まーしぃもセンラも怯えていた。



「勝負っていうか、ええん?悔しくないん?」

「悔しくないわけねぇだろ」

「ああうん、そうやな、ごめん」

「まふはAのことが好き。それを応援する友人Aでいいんだよ、俺は」



自分より身長の小さい親友は、その背中をいつも以上に小さくさせてバッグを握りしめる手に力をこめる。


好きな人が、愛してやまない人が誰かに取られていくところを黙って見ているだなんて。自分だったら絶対に耐えられない。

けれど彼は不満も嫌悪感も全て飲み込んで、まふやAちゃんの前では何事も無かったかのように振る舞うのだ。それがどれほど醜く辛いものか、想像なんてしたくもない。



「俺は、それでいい。その立場でいられるなら、」

「うらさん」

「……んだよ」

「友人Aがヒロインと結ばれる運命はないん?」

「あるわけねぇだろ、そんなの」



ドスの効いた低い声を出して俺に八つ当たりをしてくる。けれど、負けない。



「なら、創ればいいんよ、なればいいんよ、うらさんが」

「は?」

「可能性が0じゃないなら、それに賭けてみる。恋愛なんてそんなもんやない?」



我ながらクサイことを言っているのを承知で彼の瞳を見ると、ぐらりと揺らいだのが分かった。

嗚呼、やっぱり俺の相棒は、親友は、こうでなくちゃ。



「……ありがとな、坂田」




その言葉を、後に後悔するなんて知らずに。

sweet: 3→←sweet: 1



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (225 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
333人がお気に入り
設定キーワード:歌い手 , まふまふ , うらたぬき
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

ゆゆ(プロフ) - わかなんさん» うわー!本当ですか!!嬉しいです!! (5月7日 23時) (レス) id: 689f20101f (このIDを非表示/違反報告)
わかなん - ヤバイ!!今までみたヤンデレ小説の中で、一番面白かった!! とてもいい作品なので星も付けました!本当にこの素晴らしい小説を読んで良かったです……!また、見たいです>∀< (5月7日 22時) (レス) id: 7becdfabf5 (このIDを非表示/違反報告)
ゆゆ(プロフ) - 千々さん» ほんとですか!嬉しいです……!!俗に言う依存、ってやつですね。離れたいと願っても脳裏にこびりついて消えてくれない存在とか素敵…… (4月10日 21時) (レス) id: 689f20101f (このIDを非表示/違反報告)
千々(プロフ) - 本当に泣きたくなりました。頭ではわかっていても、どうしても捨てられない価値観や感情があるんだなぁって思いました。ここまで感動したのはこの作品が初めてです。 (4月10日 21時) (レス) id: a6aff5c4e4 (このIDを非表示/違反報告)
ゆゆ(プロフ) - To-ka(aruto)さん» いやん嬉しいです( ; _ ; )ありがとうございます!夢小説ってこういう展開あんまりないよなあ……とか考えながら作るの楽しかったです! (4月10日 19時) (レス) id: 689f20101f (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ゆゆ | 作者ホームページ:NO  
作成日時:2020年3月5日 3時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。