占いツクール
検索窓
今日:32 hit、昨日:9 hit、合計:30,427 hit

130 - Itsuki - ページ31

実は北人さんのために俺はAのお父さんに電話していた。







涼太さんから、何で北人さんとAは別れたのか本当のことを聞いた。




それを聞いた俺は、


早くAと北人さんに幸せになって欲しかった。
俺のAへの気持ちを断つためにも。

あんなに傍から見ても両思いなはずなのに結ばれない方がおかしいって。







だから、俺は2人のためにひと押ししたんだ。




好きな人の幸せを寝願えるなんてよくできたもんだなって自分で思う。
まあそれくらいAのこと好きだし、何より北人さんのこと尊敬してるし。









あとは、北人さん次第だな。


頑張ってください、北人さん。







.




.

・→←129 - Hokuto -



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.8/10 (35 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
167人がお気に入り
設定キーワード:吉野北人 , 片寄涼太 , 岩谷翔吾
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

flowers(プロフ) - ましゅさん» うわぁありがとうございます!ちょっと認められ方は予想とは違ったかな?と思います(笑)けど、最後まで更新頑張ります(^^) (10月27日 22時) (レス) id: a66ef0650c (このIDを非表示/違反報告)
ましゅ - いつも更新楽しみにしてます!!ついに北人君…!主人公ちゃんのお父さんに認められることを祈ってます!がんばれーー! (10月26日 23時) (レス) id: ad7747e186 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:milk tea | 作成日時:2019年10月10日 8時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。