占いツクール
検索窓
今日:6 hit、昨日:8 hit、合計:70,659 hit

1 ページ1

カーテンから零れた光にゆっくりと瞼を開ける。



規則的に3度叩かれるドアの音に、
自分が寝坊してしまったことに気づいた。



「お嬢様。馳様がいらっしゃいました。」




執事の高橋の声が聞こえる。

まだ開けきれていない瞳を擦ると、
痺れを切らした高橋がドアを蹴る音が聞こえた。


高橋は短気だ。

きっと私の担当でなければ即日クビになっていたはずだ。




『 今起きました』

「お着替えは済みましたか?」

『 まだ』

「でしょうね!」


やっぱり高橋は気が短い。


純白の制服に袖を通して部屋の外に出ると、
ロビーのソファーに天馬くんが腰かけていた。




「おはよう。A」




私を見ると優しく微笑む彼は、幼馴染。

小さい時から私の事をなんでも知っていて、
私を正しい方へ引っ張ってくれる。




『天馬くん。おはよう。』



挨拶を返すと、


「朝ごはん、食べておいで」



呆れたような笑みを浮かべた天馬くんは

鞄から取り出した本を読み始めた。

2→



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.5/10 (49 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
203人がお気に入り
設定キーワード:花のち晴れ , 馳天馬 , 平野紫耀   
作品ジャンル:恋愛
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

あい(プロフ) - ひなさん» ありがたい言葉! これからもよろしくお願いします(^-^) (2018年7月24日 21時) (レス) id: 5d891c1c69 (このIDを非表示/違反報告)
ひな(プロフ) - 早速の更新ありがとうございます(о´∀`о)読ませて頂きました☆引き継ぎあいさんのペースで書いて頂ければと思います(^^) (2018年7月20日 21時) (レス) id: 4d0c37ce82 (このIDを非表示/違反報告)
あい(プロフ) - ひなさん» ありがとうございます!更新間隔があかないように頑張ります(^-^) (2018年7月20日 20時) (レス) id: 5d891c1c69 (このIDを非表示/違反報告)
ひな(プロフ) - なかなか無い作品です!続きがとても気になります♪ (2018年7月20日 15時) (レス) id: 4d0c37ce82 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:あい | 作成日時:2018年7月17日 21時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。