占いツクール
検索窓
今日:4 hit、昨日:29 hit、合計:280,206 hit

入学初日の波乱 ページ9

「「「個性把握…テストォ!?」」」


担任の相澤先生に言われた通り体操服に着替え、グラウンドに集まると突然テストをすると言い出したのだ。


「入学式は!?ガイダンスは!?」


先ほど飯田くん達と話していたほっぺの赤い可愛らしい女の子が相澤先生に聞いている。


「ヒーローになるならそんな悠長な行事出る時間ないよ」


"出る時間ないよ"という事は一応あってはいるのか?
ほんとに出なくていいの??



「雄英は"自由"な校風が売り文句。そしてそれは"先生側"もまた然り。」



語り出した相澤先生に私達の頭の上にはてなマークが出ている。




とりあえず話を聞く限り八種目の体力テストを"個性アリ"で測定するみたいだ。



「爆豪、中学の時のソフトボール投げ何mだった」



「67m」




先生に名指しで指名された爆豪くん。

体操服姿も、なんかかっこいい。


てか67mて!飛びすぎでしょ!?!



「じゃあ個性を使ってやってみろ。円から出なきゃ何してもいい。早よ。思いっきりな。」


そういって相澤先生が爆豪くんにボールを渡した



「んじゃまぁ」




というか爆豪くんの個性ってなんなんだろ……





「死 ねえ!!!!!!!」


FABOOOM!!!!








しっ……しね??!






やぱり口悪いなあ爆豪くん、、個性は、爆破…?




「まず自分の「最大限」を知る。それがヒーローの素地を形成する合理的手段。」


そういって相澤先生が私たちに見せた数値は




『705.2m』



すっ…すごい!爆豪くんの個性強すぎだし、使い方もすごい上手だ……!


私は闘争心に火がついた。負けられないぞ!!



「なんだこれ!!すげー面白そう!」


「705mってマジかよ」


「"個性"思いっきり使えるんだ!!さすがヒーロー科!!」



周りのクラスメイト達は何だかワクワクしているようだ。




「……面白そう…か」




ん?相澤先生…?



「ヒーローになるための三年間、そんな腹づもりで過ごす気でいるのかい?」



ゾクッ……



相澤先生、すごい急に、オーラが…!







「よし、トータル成績最下位の者は見込み無しと判断し、除籍処分としよう」





「「「はあああ!?!?」」」




「生徒の如何は俺たちの"自由"。ようこそこれが





雄英高校ヒーロー科だ」








「……!?」









入学式早々波乱の予感……!!!!

個性把握テストØ→←なにか始まる予感



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.7/10 (84 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
237人がお気に入り
設定キーワード:僕のヒーローアカデミア , ヒロアカ , 爆豪勝己   
作品ジャンル:恋愛
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

爽田 夢子(プロフ) - ちびまるさん» 対応遅くなってしまって申し訳ございません、見れるように編集致しました(;_;) (7月6日 17時) (レス) id: ca4862a3c4 (このIDを非表示/違反報告)
ちびまる(プロフ) - 夢主の戦闘服が見れないのですが... (6月27日 16時) (レス) id: 17ff763492 (このIDを非表示/違反報告)
爽田 夢子(プロフ) - 玖蘭零☆様→ご指摘ありがとうございます。失礼しましたm(_ _)m (2017年11月15日 20時) (レス) id: ca4862a3c4 (このIDを非表示/違反報告)
玖蘭零☆(プロフ) - オリジナルフラグは外してくださいね! (2017年11月15日 16時) (レス) id: 449d26bdad (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:爽田 夢子 | 作成日時:2017年11月15日 15時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。