占いツクール
検索窓
今日:123 hit、昨日:413 hit、合計:111,153 hit

恐怖とは ページ48

「お茶子、入るよ」


控え室の扉を開ける。


「あ、芥川さん」


「緑谷君に、飯田君?」


「麗日くん、頑張れよ!」


「うん、ありがとう」


緑谷君達が出ていき、二人きりになる。


「お茶子」


「銀。次ね、爆豪くんとなんだ」


「うん、知ってるよ。


……緊張、してる?」


「緊張と言うより……正直、怖いかな」


「怖い、かぁ……」


「うん。負けるのが怖いし、爆豪くんと戦うのも怖い」


「……恐怖を殺せ、とは云わないよ。


怖がっては駄目だ、とも云う心算も無い。


けどね、お茶子」


「?」


「逃げる事は、しないでね。目の前の敵から、目を離しちゃ駄目だよ。


例えどんなに怖くても、其れを受け容れるのもヒーローだと思う。


お茶子なら……私の大切な親友なら、屹度出来るから。


だから、頑張って」


「……!うん、そうだね。


ありがとう、銀。私頑張るよ。


……でも、サラッと爆豪くんを敵って云うのはどうかと……」


「あら、何の話かな?」


「まあ、いっか!行ってくるよ、銀!」


「そうそう、良いの良いの。


……行ってらっしゃい、お茶子」


閉まった扉を見て、一人思う。


恐怖と云う感情は、切っても切り離せ無い代物。


其れを素直に吐き出したお茶子は、迚も凄いと思う。


「……禍狗の妹は、矢っ張り禍狗なのかしら?」


控え室に、私の声だけが反響していた。

親友の試合→←ヤオモモ、てつてつ、ダダ被り



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.8/10 (126 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
281人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

メギアーナ(プロフ) - アリシアさん» ヒントありがとー!解った方、いますかね?コメントお待ちしています! (8月23日 12時) (レス) id: 6ff27d5bb4 (このIDを非表示/違反報告)
アリシア(プロフ) - イメ画の文字が分かりにくいですね。ヒント2です。デクくんの首に巻いてあるものは、○○テープです。第一期戦闘訓練を思い出してみてくださいね。よろしければ、瀬呂くんがかっちゃんに教えてあげたことを考えてみてください。 (8月23日 11時) (レス) id: 16bab3086e (このIDを非表示/違反報告)
メギアーナ(プロフ) - アリシアさん» 宣伝までしてくれてるー!答えが解った方は是非コメントをお願いします! (8月22日 15時) (レス) id: 6ff27d5bb4 (このIDを非表示/違反報告)
アリシア(プロフ) - ヒントは緑谷の首に巻いてあるものに注目しよう!です。 (8月22日 15時) (レス) id: 16bab3086e (このIDを非表示/違反報告)
アリシア(プロフ) - 分かった人は凄いです。爆豪の気持ちになって考えていただければ、幸いです。 (8月22日 15時) (レス) id: 16bab3086e (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:メギアーナ | 作成日時:2018年8月14日 0時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。