占いツクール
検索窓
今日:168 hit、昨日:211 hit、合計:110,785 hit

私なりの遣り方 ページ45

暗に、『どちらも地味』何て云われてる様な紹介を終え、二人が向かい合った。


「きたぞ……!」


と思ったけど、緑谷君がいきなり方向を変え、場外へと向かって行く。


「デクくん!」


「彼らしいね。素直な所が裏目に出てる」


「ずいぶん冷静ね、銀ちゃんは」


「冷静……ではないよ。只、彼が此処で終わる様な人間では無い事は知っている心算」


其の言葉を裏付ける様に、緑谷君が相手の子を場外へ押し出す。


「ほらね?」


「おおーーー!」


「確かに、あの二人はパッと見て地味だし、目立たないと思う」


「おお……」


「でも、戦いに地味とか派手とかは関係ない。


人には、其の人なりの戦い方、遣り方が有る。


其れが偶々、地味だとか派手だとか云われるだけなんだよね。


私達はパフォーマンスの為にヒーローになり、パフォーマンスの為に戦う訳じゃない。


人を護る為に、ヒーローになるんだよ。


……まあ、前半は或る人の受け売りだけど」


『地味だろうが何だろうが、手前には手前の戦いが有るじゃねぇか。


手前は手前の戦いをすればいい。だろ?』


彼の人の顔が、ふっと頭に浮かんだ。


「かっけぇな……」


「その人のなりの戦い方……。確かにそうですわね」


「布女にしては良いこと言うじゃねぇか」


「そりゃあ、何処ぞのヒーローらしからぬ誰かさんとは違いますから!」


「俺だって良いことぐらい言うわ!」


「銀、そういうとこだと思うぞ……」


「ふふ。あ、三奈ちゃん、そろそろ行こうか」


「うん!負けないよ〜!」


「二人とも頑張れよ!」


激励を受けて、控え室に向かう。


私は、私なりの戦いで勝つんだ__!

緊張の第一戦目→←怖いもの、理由は__



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.8/10 (126 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
282人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

メギアーナ(プロフ) - アリシアさん» ヒントありがとー!解った方、いますかね?コメントお待ちしています! (8月23日 12時) (レス) id: 6ff27d5bb4 (このIDを非表示/違反報告)
アリシア(プロフ) - イメ画の文字が分かりにくいですね。ヒント2です。デクくんの首に巻いてあるものは、○○テープです。第一期戦闘訓練を思い出してみてくださいね。よろしければ、瀬呂くんがかっちゃんに教えてあげたことを考えてみてください。 (8月23日 11時) (レス) id: 16bab3086e (このIDを非表示/違反報告)
メギアーナ(プロフ) - アリシアさん» 宣伝までしてくれてるー!答えが解った方は是非コメントをお願いします! (8月22日 15時) (レス) id: 6ff27d5bb4 (このIDを非表示/違反報告)
アリシア(プロフ) - ヒントは緑谷の首に巻いてあるものに注目しよう!です。 (8月22日 15時) (レス) id: 16bab3086e (このIDを非表示/違反報告)
アリシア(プロフ) - 分かった人は凄いです。爆豪の気持ちになって考えていただければ、幸いです。 (8月22日 15時) (レス) id: 16bab3086e (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:メギアーナ | 作成日時:2018年8月14日 0時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。