占いツクール
検索窓
今日:2 hit、昨日:207 hit、合計:111,867 hit

記憶と悪意 ページ28

バスを降りれば、宇宙飛行士の様な格好の人。


「確か……」


「スペースヒーロー、13号だ!」


「お茶子、好きだもんね」


「えへへ」


「13号、オールマイトさんは」


「それが……」


耳は良い方だ。現に先生達の会話も聞こえてくる位。


活動限界やら、三時間やら。


「本当に、知れば知る程謎だね……」


「え?どうかしたの、芥川さん?」


「え?嗚呼否、此方の話だよ」


徐に、13号が話し出す。


お小言が増えてくのは面白かった。


某ユニバーサルとやらは危なさそうだけど。








……力の使い方、かぁ。


『例え間違っていようとも、銀は(やつがれ)が護る』


(わっち)は此処でしか生きられぬ。


此の力を持った以上は、仕様の無いことじゃ』


『能力を持ってる訳でもねぇ俺等には解んねぇけどよ。


望まず此処に居る人も居るんじゃねぇのか?』









其処まで考えて、頭を勢い良く振る。


__昔に浸っていても仕方ない。


今は、私のやりたい様にやるんだ。


「さて、じゃあ早速__」









また、あの気配を感じた。


ゆっくりと、確かめる様に振り向く。


__其処に居たのは、


「全員動くな!


あれは……


(ヴイラン)だ!」


__正しく『悪意』と呼べるに相応しいものだった。




_____________
※今更の注意※


当作品では、銀ちゃんの煽りスキルとキャラが元最年少幹部様並みにカンストしております。


ついでにかっちゃんの銀ちゃんに対する扱いも最小幹部様並みのレベルを見せています。


これからも首領のロリコンと社長の猫好きの加速度並みにレベルアップしていく予定(無意識)ですので、よろしくお願いします(土下座)。

オレハナニモシラナイ、ナニモミテイナイ→←仲の良さと疑惑、ボキャブラリーも忘れずに!



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.8/10 (126 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
281人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

メギアーナ(プロフ) - アリシアさん» ヒントありがとー!解った方、いますかね?コメントお待ちしています! (8月23日 12時) (レス) id: 6ff27d5bb4 (このIDを非表示/違反報告)
アリシア(プロフ) - イメ画の文字が分かりにくいですね。ヒント2です。デクくんの首に巻いてあるものは、○○テープです。第一期戦闘訓練を思い出してみてくださいね。よろしければ、瀬呂くんがかっちゃんに教えてあげたことを考えてみてください。 (8月23日 11時) (レス) id: 16bab3086e (このIDを非表示/違反報告)
メギアーナ(プロフ) - アリシアさん» 宣伝までしてくれてるー!答えが解った方は是非コメントをお願いします! (8月22日 15時) (レス) id: 6ff27d5bb4 (このIDを非表示/違反報告)
アリシア(プロフ) - ヒントは緑谷の首に巻いてあるものに注目しよう!です。 (8月22日 15時) (レス) id: 16bab3086e (このIDを非表示/違反報告)
アリシア(プロフ) - 分かった人は凄いです。爆豪の気持ちになって考えていただければ、幸いです。 (8月22日 15時) (レス) id: 16bab3086e (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:メギアーナ | 作成日時:2018年8月14日 0時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。