占いツクール
検索窓
今日:123 hit、昨日:413 hit、合計:111,153 hit

懐かしいもの ページ24

「おはよー!」


「おはよう、お茶子」


未だ慣れない学校へ向かう。


未だ慣れない、広い門にちらほらと人が入って__









いなかった。寧ろ人が多すぎて入れない。


「何じゃこれ」


報道陣(マスコミ)、かな?


オールマイト関係かもね」


此方に気付いた様で、直ぐに囲まれた。


お茶子は受け答えしているけれど__


「済みませんが、答える意味が有りません。


お茶子、行こう」


「あ、銀!」


羅生門で道を開ける。


髪の毛を結んでおいて良かった。


「却説、そろそろ教室に__









……っ!」


一瞬だけ、何かの気配を感じた。


殺意なんて生易しいものではない。


此の世界の負の感情を凡て込めた様な感情。


何かを怨み、執着し、怯えている、そんな感情。


そして、


私が一番近くで見ていた感情。


それに警戒しつつも、別人だと解っていても、何処かへ懐かしく感じる


「銀?どうしたん?」


「え?あ、否、何でもないよ。


今日も、頑張ろうか!」


「おー!」









「へぇ。アイツが先生が言ってたヤツか。


確かに俺に気づいていたな。


……もう少し、調査が必要か?


__黒霧」


「彼女については、まだ何も。


至って普通の家庭ですし、何も事件等には関わっていません。


しかし、彼女の実力は本物でしょう。


少し、死柄木弔の気配に懐かしげな顔をしたのが気にかかりますが……」


「此方側の人間ってことか」


「そこまではまだ。


ただ、戦うとなるとかなり厄介になりそうですね」


「芥川銀……どう対処するか……」


「それよりも死柄木弔、準備は出来ていますか?」


「ああ、昼に決行だろ。


……先ずは、下準備だ」


遂に彼等が、動き出す__!

一寸した茶番、会話文のみ→←歯車が進んで行く先



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.8/10 (126 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
281人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

メギアーナ(プロフ) - アリシアさん» ヒントありがとー!解った方、いますかね?コメントお待ちしています! (8月23日 12時) (レス) id: 6ff27d5bb4 (このIDを非表示/違反報告)
アリシア(プロフ) - イメ画の文字が分かりにくいですね。ヒント2です。デクくんの首に巻いてあるものは、○○テープです。第一期戦闘訓練を思い出してみてくださいね。よろしければ、瀬呂くんがかっちゃんに教えてあげたことを考えてみてください。 (8月23日 11時) (レス) id: 16bab3086e (このIDを非表示/違反報告)
メギアーナ(プロフ) - アリシアさん» 宣伝までしてくれてるー!答えが解った方は是非コメントをお願いします! (8月22日 15時) (レス) id: 6ff27d5bb4 (このIDを非表示/違反報告)
アリシア(プロフ) - ヒントは緑谷の首に巻いてあるものに注目しよう!です。 (8月22日 15時) (レス) id: 16bab3086e (このIDを非表示/違反報告)
アリシア(プロフ) - 分かった人は凄いです。爆豪の気持ちになって考えていただければ、幸いです。 (8月22日 15時) (レス) id: 16bab3086e (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:メギアーナ | 作成日時:2018年8月14日 0時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。