検索窓
今日:50 hit、昨日:52 hit、合計:963,056 hit

40.仲直り(?)(Konoha side) ページ42


Konoha side









A「…その、さっきはありがとうございました」









2人きりで体育館へと向かっている最中、沈黙を先に破ったのは七夕で


俺はと言えば、気まずすぎて早く体育館へ着いてくれ、という気持ちでいっぱいだ









『…別に、本当の事言っただけだし?』




A「それでも、ありがたいです


私はあそこに防犯カメラがある事は知りませんでしたので」









そんな俺に対して、いつも通りの無表情で話す七夕に少しだけ平常心を取り戻す。そうだ、気は乗らないが、俺はコイツに謝らなければいけない









『あー、その、

…昨日は、ごめん


えっと、大丈夫か?』








やっと出た言葉はそんな感じ。いや、会話下手かよ!と内心自分にツッコミを入れた


すると、隣を歩く七夕の足が止まった。振り向けば、ぽかんとした表情をしている。初めて見る表情で新鮮だ

いや、表情どころかまともに話をするのすら初めてだ。新鮮どころの話ではない









A「気にしていたんですか?」




『…気にしたら悪いかよ、』




A「…ふふ、いえ


木葉さんは、意外にも優しい方だな、と思いまして


…少し腫れはしましたが、大したことはありませんよ」









小さく笑みを浮かべながら俺を見上げた七夕に、一瞬心臓がきゅんとなる


…は、なんだよこれ。いや、こいつに俺が?有り得ないだろ、ないない









『意外にも、は余計だろ』





A「…では木葉さんのビンタで口の中が切れた、と言っておきましょうか




ああ、それと、



心配せずとも合宿が終われば部活は辞めますので。」









そう言って俺の方を見た七夕は、またいつも通りの無表情に戻っていた。思っていたよりもこいつは喋るようで、赤葦が言っていた事が間違いでは無いことを実感した




体育館へと入れば、七夕は白福と雀田に抱きつかれている。俺はそんな様子を見てため息をつく。昨日の2人が嘘のような笑顔だ。やっぱ女子ってこえー、






俺の元へと駆け寄ってきた小見に、「あの噂、嘘らしーぜ」とだけ言って着替えるために部室へと向かう。赤葦には生徒指導室に寄ってから部活に来ることは伝えていた

赤葦は空気よめるし、何も聞いてはこないだろう









赤葦「木葉さん、ちゃんと謝りましたか?」




『ぐっ…お前、ここで聞いてくるかよ…


はあ、ちゃんと謝ったっての』









前言撤回、こいつは空気よめねーわ






41.放課後2人で(Akaashi side)→←39.明日は雪かな



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (523 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
1574人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

@ゑの(プロフ) - 秋蛍さん» ご指摘ありがとうございます!!ああああなんという事を申し訳ございませんんん(;ω;)作者全く気づいておりませんでした、尾長くんですすみませんんん、 (2021年3月3日 19時) (レス) id: c4dd513e8f (このIDを非表示/違反報告)
秋蛍(プロフ) - あの…突然のコメントですみません!34話の長尾くんって人は尾長くんではないでしょうか?オリキャラならすみません! (2021年2月27日 9時) (レス) id: 29e99f8be9 (このIDを非表示/違反報告)
@ゑの(プロフ) - ドクさん» コメントありがとうございます!!ふへへ産みの親になれて光栄です(?)!!これからもどうぞすこでいてくださいよろしくおねがいします(´;ω;`) (2021年2月26日 19時) (レス) id: c4dd513e8f (このIDを非表示/違反報告)
ドク(プロフ) - スコティッシュフォールディングダイブっす…無理すこ…産んでくれてありがとうございます (2021年2月26日 8時) (レス) id: f0778d3186 (このIDを非表示/違反報告)
@ゑの(プロフ) - おみゅらいちゅさん» コメントありがとうございます!!ふあああ嬉しすぎますありがとうございます!これからもがんばりますよろしくお願いします!! (2021年1月25日 20時) (レス) id: c4dd513e8f (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:@ゑの | 作成日時:2021年1月3日 22時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。