占いツクール
検索窓
今日:106 hit、昨日:146 hit、合計:41,831 hit

29話 ページ31

貴方side



『明日また来るそれ迄に異能を完全に操れるようになりなさい


いい人を呼ぶわちょっとまってて』





そうして呼び出したのは




中也「ん?手前芥川の部下じゃねーか」



芥川「加賀澄如きが何故Aさんに教育されているんだ...」





『...はぁ...じゃ異能の事よろしくねー』




中也「おう」




空「お、お願いします!」


中也side


そうえばこいつって...学校でAを...




まぁいいか





「やるぞ」




空「は、はい!」




異能力をどうやるかか...




「まず異能を使えねーとな
まぁ...パッとイメージすればできる!」





空「パッと...イメージ...ですか」





すると何かを考え初め





光熱光線が出た




乱射に




中也「うおっ!?あぶーねー」




空「す、すいません!」





中也「それを繰り返し...直ぐに使えるようにしたら技のレパートリーを増やせそれは芥川だ」






ここで俺は退場






そうえば彼奴が学校でAを追い込んでる事をして





それがボスの耳に入ったら






彼奴の首は飛ぶんだろうな



いや、ボスの事だその事は既にわかっているはずなのに何故だ






空side



あれから何時間経ったんだろう





ずっと地下で異能の練習をした




地下にいると時間が分からなくなる







芥川「それぐらいでいいだろう
これで終わりだ」






やっと...終わった





凄い疲れる...





私はマフィアから出ると夕方




しんどいな...




家に帰ってもう寝よう





貴方side



暇だなー...明日から学校、だけどお兄ちゃん達はいないし...





そうえば転校生




あの機械以外にも来るって言ってたな...



女の子だとか...





嫌な予感...今でもE組はめんどいのに




はぁ...寝るか





私は自宅に帰り寝ました







--------キリトリ線--------

書き直しましたー

30話→←28話



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.6/10 (34 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
113人がお気に入り
設定キーワード:文スト , 暗殺教室 , 裏切り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

ゆき - うん! (6月29日 19時) (レス) id: ef36330b51 (このIDを非表示/違反報告)
イアデビル(プロフ) - ゆきさん» おー、良かったなー (6月29日 19時) (レス) id: ef5404f845 (このIDを非表示/違反報告)
ゆき - スマホ!もらったよ!! (6月29日 19時) (レス) id: ef36330b51 (このIDを非表示/違反報告)
イアデビル(プロフ) - ゆきさん» んー (6月29日 17時) (レス) id: ef5404f845 (このIDを非表示/違反報告)
ゆき - イアデビ!久しぶり! (6月29日 16時) (レス) id: ef36330b51 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:イアデビル | 作成日時:2019年5月9日 19時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。