占いツクール
検索窓
今日:14 hit、昨日:396 hit、合計:385,871 hit

16- ページ7

.





そしてそこへ、陸と璃が自分たちの作業を終えて壱馬のもとへ。


陸「壱馬ぁ〜…次は何をやればいーの?」
壱馬「じゃあ次は緑の葉っぱのところを…」



壱馬が陸に説明し始めるのを見て、Aは璃の手を引っ張った。



A「ねぇねぇ…」
璃「どした?」



2人で、窓際へ。




.






【A×璃】


A「今日太陽LINE…健太くん行くのかな…」
璃「…さあ」
A「私も行ったほうがいいかな?でもアトリエ抜け過ぎだよね?どうしよう…」
璃「さーちゃんの太陽LINE行ったんでしょ?この前の」
A「行った…」
璃「健太くんどんな感じだったの?」
A「なんか…最初ね、全然話せなかったの。ほんとに一言も」
璃「うん」
A「でもそのあと2人で話せて、その時に、来てくれて嬉しいみたいなこと言われて。」
璃「え〜…」
A「でも、今日行ってたとしたら晴美ちゃんのこと好きってことだもんね?どうしよう…健太くんが分かんない」
璃「ね、ほんと…」
A「なんか…オオカミなの?って思っちゃう…思いたくないけど」


Aが眉根をぎゅっと寄せて唇をつぐんだとき、LINEの通知音が…


横澤『ねえ…!!!やめて…!』
Ami『やだー!!』


Aは「やだ見たくない…」と言いながらも気になる様子で携帯をポケットから掴み取った。


他のテーブルで作業していたメンバーも携帯を取り出し、LINEをチェックする。



サヤカ「…今日の太陽LINEって…樹くんが晴美ちゃん誘ったんだよね?」
乃々華「うん、そう」
サヤカ「…まあまあまあ…」



サヤカは口ではそう言ったものの、落ち着かない様子で携帯をポケットにしまった。




璃「…健太くん、やっぱり」
A「ねえ〜…もうやだ…」
璃「…どうする?」



晴美太陽LINEに来ています!作業に参加できなくてごめんね[樹、晴美、健太のスリーショット]



Ami『健太いるー!!!!』
松田『うわこれは…!』



A「…もうなんか…無理なのかも。」
璃「辛いね…」
A「信じたいのに信じられない…どうすればいいのか分かんない。」



Aは目を伏せてそう呟いた。



横澤『あぁぁ〜…』
Ami『健太!』






.



NEXT

健太がデートに行ったのはなぜ?!
一方アトリエでは、壱馬が大胆な行動に…?





.

16-Β←16-



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (958 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
1579人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

ゆい(プロフ) - こんばんは!いきなりですが、今まだ見てる途中なんですが、この作品めちゃくちゃ最高です!めちゃ好きな作品です!ただそれだけなんですが(~_~;) (2月24日 2時) (レス) id: 48eab865b8 (このIDを非表示/違反報告)
彩香(プロフ) - しょへちゃん〜、しょへちゃんとくっついてくれ〜(^∇^) (2月22日 10時) (レス) id: 07b2836cd9 (このIDを非表示/違反報告)
ゆかめん。(プロフ) - 夢主、壱馬くんと成立してほしすぎる願望です〜(><) (2月20日 22時) (レス) id: 5aeb336f57 (このIDを非表示/違反報告)
ぽんこつ(プロフ) - 夢主の顔見れない相手気になりすぎます!!!!(><) (2月20日 21時) (レス) id: a4462f2fa9 (このIDを非表示/違反報告)
臣壱 - 健太がオオカミ君にしか見えない..... 壱馬と結ばれて欲しい♪ (2月20日 19時) (レス) id: 0100bbd24b (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:蘭の花 | 作成日時:2020年2月14日 20時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。