占いツクール
検索窓
今日:764 hit、昨日:1,302 hit、合計:339,501 hit

18- ページ24

.







璃が外に出ると、雪が降り積もる小高い丘の上に人影が。



璃「こんばんは」



璃が声をかけると、勢いよく振り向く――…陸。



横澤『うわ〜〜!』
松田『やっぱりここなんですね』



陸「お〜!寒いでしょ、ごめん」
璃「全然平気。笑」



璃は陸の正面に立った。



陸「えー…笑…どうしよ。」
璃「笑」
陸「えっと…、オオカミじゃないっていうのを伝えたいのは璃ちゃんかなと思って。」
璃「はい」
陸「最初からいいなって思って気になってて、で、璃ちゃんもライブとか呼んでくれたじゃん」
璃「はい…笑」
陸「何笑ってんの?!笑 」
璃「いや全然、はい、続けてください笑」

陸「それで、正直にいうと、まず歌声に惚れました。笑」
璃「え〜…嬉しい…笑」
陸「あとは…、璃ちゃんめっちゃ落ち着いてて、なんていうんだろう…話しやすいのかな?璃ちゃんが聞き上手すぎて、話しててすごく安心感がある。」
璃「うん笑」
陸「だから、僕の中では…うーん、最初の気になるから…好きな方に変わっていったかな」



璃は嬉しそうに口元をおさえて笑った。



璃「嬉しい〜…、」
陸「気持ち伝わってるかなぁ〜…」
璃「今すごく伝わりました。笑」
陸「恥ずっ!!笑」
璃「私も同じ気持ちです。笑」
陸「え〜〜ほんとに?笑 やばいめっちゃ照れる!笑」
璃「呼んでくれて嬉しかった。ほんとに…」
陸「いやこっちこそ、寒い中ありがとね」
璃「はい」
陸「じゃあ…行きますか?」
璃「うん。笑 」



陸は璃の手をとって、もと来た道を戻り始める。



横澤『え〜超いいんですけど』
Ami『美男美女!』





.





【陸→璃】






.

18-→←18- NOT オオカミ宣言



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (944 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
1615人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

ゆい(プロフ) - こんばんは!いきなりですが、今まだ見てる途中なんですが、この作品めちゃくちゃ最高です!めちゃ好きな作品です!ただそれだけなんですが(~_~;) (2月24日 2時) (レス) id: 48eab865b8 (このIDを非表示/違反報告)
彩香(プロフ) - しょへちゃん〜、しょへちゃんとくっついてくれ〜(^∇^) (2月22日 10時) (レス) id: 07b2836cd9 (このIDを非表示/違反報告)
ゆかめん。(プロフ) - 夢主、壱馬くんと成立してほしすぎる願望です〜(><) (2月20日 22時) (レス) id: 5aeb336f57 (このIDを非表示/違反報告)
ぽんこつ(プロフ) - 夢主の顔見れない相手気になりすぎます!!!!(><) (2月20日 21時) (レス) id: a4462f2fa9 (このIDを非表示/違反報告)
臣壱 - 健太がオオカミ君にしか見えない..... 壱馬と結ばれて欲しい♪ (2月20日 19時) (レス) id: 0100bbd24b (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:蘭の花 | 作成日時:2020年2月14日 20時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。