占いツクール
検索窓
今日:929 hit、昨日:4,138 hit、合計:325,170 hit

17- ページ16

.





翔平「…くれんの?」
乃々華「…うん。もらってくれる…?」
翔平「ありがと、まじで嬉しいよ」
乃々華「…嬉しいとか言わないでよ〜…もう〜…バカ…」



乃々華は翔平の肩をポカンと叩いた。



翔平「えっ…ごめん」
乃々華「うん…ちょっと、1人になりたい…」
翔平「…分かった。」



翔平は立ち上がり、振り向きもせずにまっすぐ歩いていく。
乃々華は、その瞳に浮かんだ涙を流さないように空を見上げて堪え、唇を噛んだ。



横澤『あ〜…』
Ami『泣かないで〜…!!』



乃々華は、翔平にお守りを渡した。




【乃々華→翔平】






.






乃々華とのツーショットから戻ってきた翔平は、ある場所へ向かって歩いていく。



横澤『ねえ〜…もうやめて?!!?』
Ami『そのまま!?』



相変わらず、晴美、陸、壱馬と一緒にいたAに声をかけた。



翔平「A〜。話そうぜ」
A「あ、うん」
晴美「行ってらっしゃい」



横澤『も〜壱馬動いてよ!!!』
松田『逆に怪しくなってきたな〜これ…』






.






【翔平×A】



A「どしたの?笑」
翔平「朝から2人で話したいなって思っとった」
A「えー、嬉しい笑」
翔平「ほんとに思っとる?笑 」
A「思ってるよ笑」
翔平「Aはどんな感じ?また聞くけど」
A「うーん。でも、絞れつつはあるかな」
翔平「…それは、1人にってこと?」
A「まあね」
翔平「…あ〜…、そっか。」

A「翔平は決めてる?告白する人」
翔平「そんなん1人しかおらんし」
A「…ん?笑」
翔平「お前さぁ〜分かってててそういうこと言っとるだろ」
A「いや別にそんなつもりでは…笑」
翔平「まあ中間告白あるし、そういう話はまた後で、でいいっしょ」



Aは笑いながら「そうだね」と言った。



Ami『お守り…やっぱり翔平じゃないの〜…?』
横澤『ちょっと期待してましたよねw』





.

17-ア←17-



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (940 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
1608人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

ゆい(プロフ) - こんばんは!いきなりですが、今まだ見てる途中なんですが、この作品めちゃくちゃ最高です!めちゃ好きな作品です!ただそれだけなんですが(~_~;) (2月24日 2時) (レス) id: 48eab865b8 (このIDを非表示/違反報告)
彩香(プロフ) - しょへちゃん〜、しょへちゃんとくっついてくれ〜(^∇^) (2月22日 10時) (レス) id: 07b2836cd9 (このIDを非表示/違反報告)
ゆかめん。(プロフ) - 夢主、壱馬くんと成立してほしすぎる願望です〜(><) (2月20日 22時) (レス) id: 5aeb336f57 (このIDを非表示/違反報告)
ぽんこつ(プロフ) - 夢主の顔見れない相手気になりすぎます!!!!(><) (2月20日 21時) (レス) id: a4462f2fa9 (このIDを非表示/違反報告)
臣壱 - 健太がオオカミ君にしか見えない..... 壱馬と結ばれて欲しい♪ (2月20日 19時) (レス) id: 0100bbd24b (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:蘭の花 | 作成日時:2020年2月14日 20時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。