占いツクール
検索窓
今日:4 hit、昨日:24 hit、合計:24,276 hit

2 ページ3

*


例の打ち合わせからジャニーズ事務所のリハーサル室の一室が、今回のプロジェクトの為に本番当日まで押さえられた。

堂本光一も A も別の仕事が入っているが、終わり次第、又は時間が許す限りは このリハーサル室で、個別もしくは堂本光一と2人か、堂本剛を入れた3人で一つずつ課題をクリアして行く。

まず堂本光一と A は、楽曲のメロディと歌詞を叩き込むことに集中…何故なら、当日はヘッドセットマイクを使用してMVと同じ振り付けのソウルダンスを踊るからだ。独特なソウルダンスを踊るには、楽曲全体のリズムに乗ることが大事だが、今回は歌も歌わなければならない為、兎に角 メロディと歌詞を覚えるのが最優先だった。

当初、KinKi Kids の2人と違ってダンスをしない
A だからと 踊る予定ではなかったのだが、MVが流れるとなると踊った方が良いのでは…と A が提案したため踊ることに成った。反対意見が出なかったのは、プロ顔負けの A のダンススキルを目の当たりにしたからだ。伊達に幼少期から習っていた訳ではなかった。







本番一週間前…この頃には、堂本光一も A も完璧なパフォーマンスが出来るようなっており、堂本剛にも笑顔が見られる様になっていて、披露する【The Red Light】以外の曲を A に覚えさせる無茶振りをして楽しむ悪戯をしてみたりと和やかな雰囲気が見れた。

また、リハの途中で他のグループのメンバーがリハーサル室にやって来ては見学をしたり、後ろで一緒に踊ったり、逆に A に自分たちの楽曲で踊らせたりする姿が見られ、これに 上層部は良い顔はしなかったが、ジャニー喜多川が率先して見学してた事もあり、誰も文句の言えない状態だったようだ。


こうして みっちりとリハを重ね、時々息抜きをしながら迎えた本番当日…

OPでの呼び込みは KinKi Kids feat. (人1) という形で、堂本光一と(人1) が並んで登場し、OPトークではタモリの振りで、堂本剛が今居ない理由(OP時の音の所為で居ない) と、今回は歌も歌わない事を告げる。勿論 KinKi Kids のファンも、(人1) のファンもザワついたが、後で詳しい経緯を説明するということで一先ず落ち着いた様だった。


今回、KinKi Kids feat. (人1) の歌順はラストで、ラストから2番目のアーティストが歌い終わりCMに入って直ぐ堂本剛もスタジオへ入り、トーク席に座った。








*

3→←The Red Light



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (22 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
84人がお気に入り
設定キーワード:堂本剛 , 芸能人 , 結婚
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:のあ | 作成日時:2019年10月25日 15時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。