占いツクール
検索窓
今日:146 hit、昨日:111 hit、合計:52,700 hit

ページ12






「 …… まじだりぃよ 」


と 、いつもの塩対応だけど優しいヒョンとは思えなくらい 暗くて冷たい声 。



JS「 リヒト 。 」

「 何 」

JS「 どこ行くの 」 「 部屋 」



いつも引っ付いてるジスヒョンにまで ……



DK「 ど、どうしよう〜…… クプスヒョン〜…… 」


ドギョミヒョンは泣きそうな顔してるし、。



MH「 あ〜……ちんっちゃこのヒョン達は…… 」

SG「 どうしよう 」



…… 俺、行かなきゃだよね




SG「 ジスヒョン 、ハニヒョンの方に…… 」

JS「 うん 、いっておいで 」



さすがヒョン 、分かってくれた。





MH「 俺達はクプスヒョンに少し連絡しようか 」

DK「 …… うん 」











SG「 ひょん〜…… 」


「 …… スングァニ ? 」


SG「 そうです 、ヒョン 、その …… 」

「 あ〜ミアネ 。巻き込んでごめんね 。
俺らの問題だから 、気にすんな 」


SG「 っ 、俺達も弟だから 、!
ヒョン達が喧嘩してるのなんて …… 見たくないです 」


「 …… お前は本当に良い奴だね 、俺が汚い奴みたい (笑) 」


SG「 ヒョンだって 、いい人じゃないですか…… 」


「 俺リビング行く 。お前は ? 」

SG「 行く …… ! 」


よかった 、仲直りしてくれるよね !








JS「 …… で?なんのつもり 」

JH「 は? 」

JS「 とぼけんな 。何おまえら喧嘩してんの?は?携帯見たかどうか? まずお前勝手に見た事謝るのが先でしょうが。」

JH「 …… 謝ったし 」


JS「 はいはい(笑)

全く …… お前らいくつよ?


まずさ ? あのリヒトが携帯のロックたまたまかけなかったなんてありえないし 、お前が間違って開けるなんてことも絶対ない。

嘘下手すぎるよ 、俺に隠せないでしょ 」




JH「 …… 面白くねえええ…… 」

JS「 ふふふ 、ほら行こ 」

JH「 あー、さすがだね 」

JS「 お前らの一番近くにいるから 、俺。 」











DK「 ドッキリ !? 」

MH「 やー、ヒョン達……焦りました 」

SG「 リヒヒョン!!! 」


「 はっはっ 、ミアネヨ〜 (笑) 」


SG「 ちんっちゃ …… ヒョン達は …… 」







この後 クプスに連絡がいったことによりバレて 、2人は少し怒られたそうです。





SC「 ほんと俺心配したんだから!!!!
リヒトまでもう……!!! 」


「「 ミアネ〜ㅋㅋ 」」





ドッキリ大成功( ^^ )




エギの朝→←ドッキリ



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (71 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
509人がお気に入り
設定キーワード:SEVENTEEN , セブチ , 男主
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

はちみつミカン - 面白いですね!毎回ニヤニヤしながら見ちゃいますwホントに推したちが尊いです。更新頑張ってください。 (8月21日 18時) (レス) id: ee2de468cc (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名: | 作成日時:2019年6月11日 20時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。