占いツクール
検索窓
今日:340 hit、昨日:295 hit、合計:179,676 hit

27話 ページ30

本音を言うと,早く帰って欲しい。

る「…僕帰りますね」

それからみんなが帰っていった。

『やっぱり,気を使うって疲れるな。』

さっきはわからなかった疲れが,どっと押し寄せる。

『…本当は無理してますよ。』

猝詰してる?

狢臂翩廚任后

嘘つき…

また,嘘をついた。

『…嘘はつかなかったんだけどな…』

と思い返すように言う。

『あの時は楽しかったな。』

私の全てが壊れた中学生。

『でも1番楽しかったな。』

狃の子は無理させちゃダメでしょ

とその後,私が乗るまで待っていた?

さとみ先輩。

狢臂翩廖じゃないよね

と申し訳なく笑った。

ころんくん。

牴燭皸くないじゃないですか

と言って,クシャって笑った。

るぅとくん。

爐覆 腸兇暴侏茲襪海箸△襪鵑?

その後に,優しく笑った。

ジェルくん。

牴兇蕕砲任ることはなんでもやるので!

よく気を使ってくれる。

莉犬くん。

爐覆鵑買ってくるのある?

1番落ち着いていたけど,実は一番心配してくれてた。

ななもり先輩。

目を閉じると思う。

その優しさ,私じゃなくって,違う子に優しくすればいいのに。

28話→←26話



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.7/10 (58 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
250人がお気に入り
設定キーワード:恋愛 , すとぷり , 歌い手   
作品ジャンル:恋愛
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名: | 作成日時:2019年5月1日 16時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。