占いツクール
検索窓
今日:14 hit、昨日:185 hit、合計:35,509 hit

人気者。6 ページ7





rena side


「るぅとくんみたいな感じで喋ってよ」


『…うん,そうしようかな』


好きな人にそう言われたら断れない。


…まぁ,無理だろうけど


「あっ,Aやん」


この関西弁混じりの喋り方は


『ジェルくん?』


「正解や〜♪」


そう言ってスキップしてどこかへ行く。


「ジェルと仲良いの?」


『ううん,たまーに喋る仲』


「いつぐらいから友達になったの?」


『うーん…,高一の時に喋りかけてくれたんだよね』


「へぇ」


『そこからたまーに喋る仲になったんだよ』


「仲良いって訳では無いんだ」


『うん,そうだよ』


「…Aってすごいね」


『なんで?』


「ジェル,中々女の子に心開かないから。」


そう言って少し悲しい顔をする。


『そうなんだ』


深くは聞かない方がいいと思い私は深くは聞かなかった。


「あっ,喉乾いてる?」


『微妙に』


「はい,これあげる」


そう渡してきたのは緑色の炭酸だった。


「名前は忘れちゃったんだけどね」


『…ありがとう』


「いーえ」


なんで急に渡してきたのかは分からないが私はとりあえず貰って静かにカバンに閉まった。


…嬉しいな。


人気者。7→←人気者。5



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.8/10 (33 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
202人がお気に入り
設定キーワード:すとぷり , さとみくん   
作品ジャンル:恋愛
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:青@発狂同盟 | 作者ホームページ:http//  
作成日時:2019年11月3日 10時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。