占いツクール
検索窓
今日:14 hit、昨日:185 hit、合計:35,509 hit

人気者。17 ページ20





rena side


さとみくんと勇樹が出てきて,勇樹がめちゃくちゃ悲しい顔をしていた。


一方,さとみくんは清々しい顔をしていた。


…かれこれ1時間ぐらい話していたよね。


「さようなら」


『二度と会わないでね』


「っ…」


「おい」


「は、はい!分かりました!」


…え?


マジで何話してたの。


「さとちゃん怖っ…」


「いや,なーくんが言わへんやろ」


「あ゛?」


「すみませんでした」


「よろしい」


…なーくんとジェルくんもなんか繰り広げられてる。


「…じゃぁね」


そう言って少し寂しそうな笑顔を見せる勇樹。


私は満面の笑みで


『バイバイ!』


「…も……だ……」


「A,早くそんなやつおいておこう!」


さとみくんってこんなに怖いんだね。


『さようなら』


私は限界を閉める。


「A大丈夫?」


『えっ?』


「Aが男好きって言ってムカついちゃって」


「…だけど,まだアイツ(勇樹)が好きって言うなら,俺は許さないな」


ドクドク


心臓の音がうるさくなる。


その言葉少し,本当に少しだけ


期待してもいいですか___。






いちごの王子様と___。短編集です。


よろしくお願いします。

人気者。18→←人気者。16



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.8/10 (33 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
202人がお気に入り
設定キーワード:すとぷり , さとみくん   
作品ジャンル:恋愛
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:青@発狂同盟 | 作者ホームページ:http//  
作成日時:2019年11月3日 10時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。