検索窓
今日:7 hit、昨日:15 hit、合計:6,279 hit
'




好きな人をこれ以上

俺は好きな人を


傷つけたくない

傍で支えたいのに


だから、千冬君

君はいつも、俺を


もうお別れだよ。

突き放す。




このお話は、記憶を失う女の子と千冬君の
甘くて切ない恋物語のお話です。





「 今までありがとう、千冬君 」





_執筆状態:連載中









おもしろ度の評価
  • Currently 10.00/10

点数: 10.0/10 (28 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
102人がお気に入り
設定タグ:東京リベンジャーズ , 松野千冬 , 羽宮一虎   
作品ジャンル:恋愛
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

ふぁ。(プロフ) - マニ。さん» こんばんはˊᵕˋ本当ですか> <՞ ՞嬉しいお言葉ありがとうございます!更新が遅くて申し訳ないです。こちらの作品も頑張って更新します( .ˬ.)" (1月16日 1時) (レス) id: 55ea36d49d (このIDを非表示/違反報告)
マニ。(プロフ) - ✉️。こんにちは!とても面白いです!もしよろしければ一緒にボードで会話しませんか?お返事お待ちしています、これからも更新応援してます!😊💝 (1月15日 17時) (レス) id: b32654e3a5 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ほわ゜ | 作成日時:2023年10月24日 16時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。