占いツクール
検索窓
今日:90 hit、昨日:4 hit、合計:262,116 hit

毒舌度333% ページ11




 吹っ飛んでしまったイトナ君を殺せんせーが受け止め、その場にそっと下ろした。いや、うん、良いんだけどね、私は地味に切り傷とか負いました、なんと言うことでしょうか!


「――……この手の奇襲はもう私には通じませんよ。彼をE組に預けて大人しく去りなさい。あと、私が私が下着ドロじゃないという正しい情報を広めて下さい」

『いや、どうせ変態なんだから……』

「私の胸も正しくはび、Bだから!」

『……び、B? ……測ってみ……あ、嘘! うんうん! カエデちゃんの胸の高さは素晴らしいね!!』


 思わず口を滑らせてしまうと、凄い形相で睨まれた為私は慌てて撤回する。それでも納得してなさそう……と、言うより普段の可愛さからは考えられない様な顔で私をジッと睨んでくるのが怖かった。私は目を逸らしておいた。





 そんな私達の近くでは、イトナ君が頭を押さえて踞った。


「頭が痛い……脳みそが裂ける……!!」

「……度重なる敗北のショックで触手が精神を蝕み始めたか」


 イトナ君が痛い痛いと唸ってるにも関わらず、シロは淡々と何かを呟きながら見ているだけ。何だアイツ、自称保護者じゃないのかよ。





「――さよならだ、糸成。後は一人でやりなさい」


 シロはそう言い残し、踵を返した。その場で悶絶するイトナ君を置き去りにして。


「待ちなさい! 貴方それでも保護者ですか!!」

「教育者ごっこしてんじゃないよモンスター。なんでもかんでも壊すことしかできないくせに。
 ……私は許さない。お前の存在そのものを。どんな犠牲を払ってもいい。お前が死ぬ結果だけが私の望みさ」

毒舌度334%→←毒舌度332%



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.7/10 (121 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
266人がお気に入り
設定キーワード:暗殺教室 , 赤羽業   
作品ジャンル:ラブコメ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

(プロフ) - 美遥さん» わざわざありがとうございます。ですが『』は敢えて使いました。特にキャラ指定がない場合や過去の言葉、電話などでは『』の表記を使うようになおしていたので。紛らわしくて申し訳ございません。 (2017年6月13日 20時) (レス) id: 32c38c1366 (このIDを非表示/違反報告)
美遥 - 番外編が夢主とキャラの『』が同じになってたよ! (2017年6月13日 20時) (レス) id: 40c06b65ac (このIDを非表示/違反報告)
サヤ - 番外編9の【涙が溜まって】が【涙が貯まって】になってたよ!1回で纏めて送らなくてごめんね。昨日纏めて誤字報告し様と思ってたら誤字報告するの忘れてたらしく今気付いたよ…。兵藤ちゃんの絵が当たり前だけど可愛くてさ!即保存し様かと思って殺ったら出来なかった… (2017年5月15日 20時) (レス) id: fb5777db69 (このIDを非表示/違反報告)
サヤ - part9 訂正おめでとう!タバスコジュースはね、バレンタインの日にトマトジュースって嘘吐いてタバスコは水で溶かして差し出せば良いよ。甘党な人には効果抜群w (2017年5月14日 1時) (レス) id: fb5777db69 (このIDを非表示/違反報告)
(プロフ) - 夢雪さん» “顔だけ”ってことですよねー。良いなぁ…そんな顔面偏差値欲しい…… (2015年12月30日 16時) (レス) id: dcc347a630 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名: | 作者ホームページ:https://twitter.com/uranai_aoi/status/929368202894721025  
作成日時:2015年12月10日 15時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。