占いツクール
検索窓
今日:20 hit、昨日:98 hit、合計:10,569 hit

*213 ページ28








受験も少しずつ迫ってきている中で
内申が決まる最後のテストだったこともあり
教室全体にそれなりの緊張感があったこの頃。

ただテスト全体の結果票が手渡され
みんなホッとしたのか諦めたのか
ともかく少しだけ教室の空気が緩んだ。


「A!あれ聞いた?」


教室内では給食準備が進められていて
当番じゃない人たちはそろって廊下に出る。

トイレの方に向かって歩いていると
後ろから元気な千春の声に呼ばれた。


「…あれって?何?」

「あ、まだ聞いてない?
 クリスマス会するんだって。」


横に並んだ千春が
あたしの肩をバンバン叩く。

あ、これ機嫌がいいときのやつ。
テスト結果よかったのかな。


「クリスマス会?誰が?」

「私たちに決まってんでしょ!」

「ん?私たち…って私たち??」


その言葉を疑問に思いながらも
人差し指で自分と千春を交互に指差す。


「そう!ってかクラスで。」

「クラス?うちの?」

「そうそう。やるんだって!」


千春から聞いた話によると
誰が言いだしたのかはよく分からないけど
年が明ければもう受験も目の前だから
その前にみんなで集まろうということらしい。

それぞれが好きに声を掛け合っていて
結局何人が集まるかはよく分からないけど
それなりの人数が集まりそうな感じだ。


「ね、行くよね?」


当然!と言った勢いで
ニコニコと顔を覗き込んでくる。


「う…ーん……。」


いわゆる元カレと言われる翔くんとあたしが
同じ空間にいるっていうのは…
周りが気まずくなったりしないのかな。

あたしたちが話しても話さなくても
結局周りに気を遣わせてしまう気がする。






*214→←*212 いつかの瑠璃を手にする頃



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.6/10 (26 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
142人がお気に入り
設定キーワード: , 櫻井翔 , 二宮和也   
作品ジャンル:タレント
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

櫻宮 - 何だろ、、ふたりの遠距離恋愛ならぬ近距離恋愛。うひょー!!痺れるねぇ恋だねぇ。。続き楽しみ!! (7月5日 7時) (レス) id: 95d5f07b44 (このIDを非表示/違反報告)
櫻宮 - もう!にのちゃん!ぐずぐずしてると、翔くんとより戻しちゃうぞ!!やきもきしますね。続き気になるなぁ。というか相葉ちゃんと大野さん出てきてないけどどうなってんの??とこちらも気になります(^^; (6月28日 17時) (レス) id: 95d5f07b44 (このIDを非表示/違反報告)
櫻宮 - もちろんです!不器用すぎる3人。どうなるのか。楽しみ!! (6月25日 12時) (レス) id: 95d5f07b44 (このIDを非表示/違反報告)
でこぼこ(プロフ) - 櫻宮さん» あはは、相変わらず渋滞している不器用たちです(´∀`*)まだまだヤキモキともどかしさと甘酸っぱさが続く可能性大ですが(笑)引き続きよろしくお願いします(^^) (6月24日 19時) (レス) id: deca25d402 (このIDを非表示/違反報告)
櫻宮 - やばい。にのが…にのが。不器用すぎるー!!なんか可愛いなぁ。甘酸っぱい関係。これからどういう展開になるのか楽しみです!! (6月22日 9時) (レス) id: 95d5f07b44 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:でこぼこ | 作成日時:2020年3月29日 10時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。