占いツクール
検索窓
今日:47 hit、昨日:13 hit、合計:7,021 hit

75年前の話 ページ10

75年前……、別の世界で大きな戦争がありました。

 いくつもの国同士が争って、沢山の人が死んでいきました。

 私はその戦場に行ったんですよ。

 あぁ、別に戦いに行った訳ではありませんよ。私は、人間を殺めるような真似はしません。

 あそこは……恐ろしい場所でした。

 機銃や大砲の音、火薬や死体が腐った臭い、全部覚えています。

 夜、ジャングルを歩いていると声がするんです。苦しそうに呻く声や励まし合うような声……。

 夜が明ける頃には、その声は聞こえなくなってしまうんです…………。

 それが、何とも……。その……。

 え? 何をするために行ったのかって?

 戦争中に書かれた文書や本、手記や日記の複製を作るためです。

 これほど大きな戦争は初めてのことなので、資料として残しておきたいと館長に頼まれたので。

 戦争が終わった後、それらが確実に残っている保証はないですからね。

 実際、戦後に多くの文書が処分されてしまいました。他の物と一緒に燃やされてしまったり、インクで塗りつぶされてしまったり。

 どれくらい回収できたか?

 そうですね……、大体……、ええっと……、うーん、あー、2万と、4000…………200……、40、8いや3でしたかね?

 かなりの数を集めましたよ。これでも戦争中に書かれたものの半分にも届きませんがね。

本当に大変でした。

 強制収容所、銃弾が飛び交う戦場、屋根裏、ジャングル、政府の建物、潜水艦、戦艦、霧に包まれた無人島、火に包まれた町、焼け野原、色々な場所を回って集めるのは本当に大変だったんですよ。

何度も危険な目に遭いましたし、死にかけました。

 中でも一番身の危険を感じたのが、ジャングルで虎に出会ったことですね。私よりも大きな虎に食べられそうになったんです。

 ガサガサと草むらが揺れて虎が飛び出してきたんです。

 怖いなんてもんじゃありませんよ。こちらの世界の生き物と違って話が通じないですから。命乞いも通用しませんしね。

 あのときは確か……、あぁ、近くに手榴弾が投げ込まれたんです。

音に驚いた虎は逃げていって私は助かりました。

笑わないでください。本当に死ぬかと思ったんですから。

 まぁ、私は死にませんが……。

 次は、貴女の生まれた町の話でもしましょうか。

 43年前……、ですかね。

43年前の話→←3年前の話



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.6/10 (51 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
29人がお気に入り
設定キーワード:小説 , オリジナル , オリジナル作品
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

そこら辺の水道水(プロフ) - 神だ・・・神に出会ってしまった… (12月29日 17時) (レス) id: 44bf365a1c (このIDを非表示/違反報告)
白猫(プロフ) - とても面白くて一気に読み進めてしまいました…! (9月13日 21時) (レス) id: b13ee48946 (このIDを非表示/違反報告)
lkwisterven - タイトルにつられてやってきました!めっちゃ面白いです (2019年8月17日 11時) (レス) id: a124146768 (このIDを非表示/違反報告)
みるくプリン(プロフ) - はじめまして!タイトルに惹かれて一気読みしました。面白かったです(*^^*)更新楽しみに待ってますねっ。 (2019年8月9日 13時) (レス) id: 7db76bcf0c (このIDを非表示/違反報告)
あいうえお - 何故か声が聞こえてきます......(幻聴)妄想が膨らんでとてもおもしろいです! (2019年8月6日 22時) (レス) id: d4ea0d195c (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:衛生兵079 | 作成日時:2018年7月19日 17時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。