占いツクール
検索窓
今日:36 hit、昨日:13 hit、合計:7,010 hit

89年前の話 ページ6

彼女、先程少し泣き虫なところが弱点だと言いましたね。

 実はここに来て1年程経って、仕事にも慣れてきたころ彼女があることをしてしまいました。

 どこにでもあるような文庫本だったのですが、その本を彼女は破いてしまったのです。

 でも、彼女だってそんなことをやりたくてやった訳ではないのです。

 原因は確か……、あぁ、あいつです。

 本食いコウモリ。文字通り本を食べてしまうコウモリのような羽を持った生き物。あの頃はこいつがいろんなところに湧いて我々も非常に手を焼いていました。

 そのうちの一匹から本を取り戻そうとして、彼女は本を破いてしまったのです。

 小さなミスです。

 ですが彼女はとんでもなく落ち込んでしまいましてね。

 当時発売されたばかりの新刊でしたからまた買えばいいとか、あいつらの力は強いからしょうがないとか、それだけでよかった、と皆で慰めたのですが他の皆は本を傷付けることなく守れているのに、と余計落ち込んでしまいました。

 何を言っても逆効果で、ついには泣き出してしまいました。

 不思議なことに彼女が泣くと雨雲が彼女の頭上に出来て、雨が降るのです。

 あのときは雷雨でした。相当落ち込んでいたのでしょう。

 結局どうすること出来ませんでした。

 1週間近く雨が降っていました。しかし、それをみかねた館長が彼女を自分の部屋に連れていったのです。

 しばらくして、彼女は館長と笑いながら部屋を出てきたときには、雨はすっかり止んでいました。

 館長が何をしたかって? 私には分かりません。

 でも、私も新人のころ彼女と似たような状況になった時がありました。雨は降らせませんでしたが。

 そのときも館長は私を自分の部屋に連れ込んで、それから……。

 彼女と同じかは分かりませんが、私はただひたすら頭を撫でられました。

 館長に撫でられると不思議と心が落ち着いて、悩みなんてどうでもよくなってしまうんです。

 不思議な人です。1200年近く共にここで働いていますが、分からないことの方が多いです。

 おや、どうしました? え、何をしているかって?

 貴女の昔の話を聞かせているんです。本を破いてしまったときの話。

 止めて欲しい? ……そこまで言うならこの辺にしておきましょう。

 それじゃあ代わりに何の話をしましょうか?

 あの話? …………あぁ、あれですか。

 では、貴女もそこに座って。

 あれは、64年前の話です。

 

64年前の話→←87年前の話



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.6/10 (51 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
29人がお気に入り
設定キーワード:小説 , オリジナル , オリジナル作品
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

そこら辺の水道水(プロフ) - 神だ・・・神に出会ってしまった… (12月29日 17時) (レス) id: 44bf365a1c (このIDを非表示/違反報告)
白猫(プロフ) - とても面白くて一気に読み進めてしまいました…! (9月13日 21時) (レス) id: b13ee48946 (このIDを非表示/違反報告)
lkwisterven - タイトルにつられてやってきました!めっちゃ面白いです (2019年8月17日 11時) (レス) id: a124146768 (このIDを非表示/違反報告)
みるくプリン(プロフ) - はじめまして!タイトルに惹かれて一気読みしました。面白かったです(*^^*)更新楽しみに待ってますねっ。 (2019年8月9日 13時) (レス) id: 7db76bcf0c (このIDを非表示/違反報告)
あいうえお - 何故か声が聞こえてきます......(幻聴)妄想が膨らんでとてもおもしろいです! (2019年8月6日 22時) (レス) id: d4ea0d195c (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:衛生兵079 | 作成日時:2018年7月19日 17時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。