占いツクール
検索窓
今日:97 hit、昨日:256 hit、合計:108,185 hit

ページ13

side 安田




「章ちゃん、今度こそ頼むわ!」


「多分、今回も無理やと思いますよ。

ーーて言うか、いい加減自分で誘ったらどうですか?」


丸山さんとAが付き合うまでの3年間、一体何度そんなやり取りをしたやろうか。


そう、丸山さんもAもホンマに面倒臭い人達やった。


両者の気持ちを聞かされとる俺からしたら、何をどうしたら3年もお互いにコッソリ見ているだけ、なんて関係が成立するんか、謎でしかなかった。


そら確かに、俺からお互いに対してのお互いの気持ちをほのめかす様なことはせんかったよ?

だって気持ちは本人が伝えなきゃなんも意味ないやん。


けど、そもそもそんなに見てたら、普通お互いの視線に気付くやん?


しかも、何で俺っちゅう最高の餌がありながら、それをもっと上手いこと利用せぇへんねんっ


Aはとんでも無く消極的やし、

丸山さんはヘタレ過ぎやねん。



「三人で飲まへん?なんてやんわりとした誘い方はAみたいな逃げ腰な子には通用せぇへんのですってば!

大体、その気があるなら俺らが二人で飲んでる所に無理やり参加してまえばええですやん!」


押しの弱過ぎる丸山さんに、気付けばかなりズバズバと物申す様になってもぉてたわ。







そんな二人が付き合うことになった時には、どんな奇跡が起きたかと、ほんま仰天した。




「テンパってもぉたんよ…

だって!いきなし夜のオフィスで二人きりで残業、からの二人きりでエレベーターなんて、そんな神展開やでっ!
でも、なんや二人きりでおったら、アレ?もしかして…?って雰囲気になって、そしたらもうテンパリ過ぎて変なスイッチ入ってしまったんよぉ〜」


しかしながら、汗だくで言い訳する丸山さんの話を聞いたら、もう呆れて言葉も出てこぉへんかった。


まぁ、もともと意味わからんところのある人やと思ってたし、確かに変なスイッチ入ると妙に芝居がかったことするようなとこあったけど。

それにしたって、意味わからへん。


そして、更に、


「でも、めでたく両想いやったって分かって、付き合えることになってほんまヨカッタわぁ。

今まで色々相談乗ってくれて、ほんまありがとうなぁ。」


なんて万事上手くいったみたいに呑気なことを言うて、ヘニャヘニャと締まりのない幸せボケした顔で笑う丸山さんを見てたら、

ホンマ頭かち割ったろか思ったわ…

・→←・



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (242 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
787人がお気に入り
設定キーワード:関ジャニ∞
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

まめまめた(プロフ) - ブルームーンさん» ブルームーンさん☆新しいアルバムの特典とかにどうですか?!笑 お願いします、インフィニティさん(^人^) (1月25日 13時) (レス) id: a925dd1186 (このIDを非表示/違反報告)
ブルームーン(プロフ) - え…この乙女ゲーム、どこでダウンロードできますか?(笑) (1月23日 2時) (レス) id: a475b78d7e (このIDを非表示/違反報告)
まめまめた(プロフ) - ブルームーンさん» ブルームーンさん☆村上×安田、最強ですよね!でも、毎回書いていて、主人公は何でヤスくんにいかないんだ?!って思ってたりします笑  (1月20日 9時) (レス) id: a925dd1186 (このIDを非表示/違反報告)
まめまめた(プロフ) - 渡璃凛さん» 渡璃凛さん☆完結までお待たせしました(;´д`)いや〜あたしも村上さん書くのが一番楽しいんですよね、実は一番リアコ枠(≧∀≦) (1月20日 9時) (レス) id: a925dd1186 (このIDを非表示/違反報告)
ブルームーン(プロフ) - 全人類抱ける男ヤスダと5年もナニもないなんて、主人公ちゃん、よっぽどひなちゃんが好きやったんやね!伝わりました( *´艸`)村上×安田、最強ですね! (1月20日 0時) (レス) id: a475b78d7e (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:まめまめた | 作成日時:2020年9月9日 13時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。