検索窓
今日:11 hit、昨日:15 hit、合計:17,340 hit





あなたは私とあの子を重ねて見ている。



それが耐えられないぐらい嫌なのに、



私はそれを拒めない。








『あんな穢れた血をずっと想うなんて馬鹿よ!!!』





私は彼の1番嫌がることをした。

大好きな彼女を傷つける言葉を使った。





『私も死んだら、あの子のように想ってくれた?』






口に出るのは嫌な言葉ばかり。


こんなことになるなら、最初から出会いたくなかった。





執筆状態:完結

































おもしろ度の評価
  • Currently 9.98/10

点数: 10.0/10 (61 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
67人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

さえ(プロフ) - 号泣です。感動をありがとうございます! (3月15日 3時) (レス) @page31 id: 06c640ba36 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:クリームソーダ | 作成日時:2023年11月20日 21時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。