占いツクール
検索窓
今日:126 hit、昨日:18 hit、合計:46,252 hit

鍾愛 28 ページ29

何かに呼ばれた様に目を覚ます。
随分と長い間眠っていたであろう感覚があるのは身体が痺れているからであろう。

少々怠さが残る身体を起こすと栄養剤注入の点滴の管が腕を通っている。怠さ以外は特に異常は無く、あの任務は夢だったのかと錯覚させる位に身体には傷一つなかった。


何が起きて此処で寝ているのかはわからないが、自分がいる場所は何度か世話になったことがある為にわかる。ポートマフィアの拠点ビルの医務室だ。準幹部と云う役職のお陰で医務室の設備はかなり良い。


お風呂に入りたい、と先ず感じて点滴の管を外して立ち上がろうとする。床には数的ポタポタと血が垂れたがすぐ止まるし後で掃除すれば良いだろう。

…が、足腰に殆ど力が入らずに床へ倒れる様な形で座り込む。

どれだけ寝てしまっていたと云うのだと自分の非力さにもはや憤りを感じる。何とかせねばと自力で立ち上がろうとすると、刹那部屋の暗証番号を破って扉が開く。

「はっ!?ちょ、てめっ!何してる!」

其処に立っていた人間は、上司である良く聞き慣れたテノールの声の持ち主…中也さんだった。

彼は驚いた様に目を見開き私の方へ走ってきて支える。

『あの、仕事は…』

「あ?大人しく寝てろ阿保」

『ゴメンナサイ…』


口の悪さ増してませんか、という言葉を飲み込む。今そんなこと云ったら本気でキレられそうなので自粛しようと思う。

彼は軽々と私を抱き上げて寝台に座らせた。

取り敢えず、聞きたいことが山ほどあるが先ずは迷惑をかけたと思うので謝罪から入ろうとするとなぁ、という低い声とともに私の両手が彼の大きな掌に包み込まれた。


「…もっと自分を大事にしてくれ、頼む」


縋るようなその声に私は焦る。一体、どれほど迷惑をかけてしまったのだろうか。どれだけの利益を逃して損害を負わせたのか…其れは計り知れない。


『…すみませんでした』

「手前が俺の前から居なくなるんじゃねェかって心配した」

『申し訳ありません』

「考えたら不安で休憩と勤務時間外は此処に通い詰めた」

『ごめんなさ……えっ…!?』


中也さんの言葉に数回パチパチと瞬きする。そんな、迷惑どころの騒ぎじゃない。如何落とし前つければ…土下座?否、辞職?…も、もしくは物理的に首が飛ぶかもしれない…

如何償えば良いんだ私は、と青ざめていると突然温もりと彼の愛用している香水の匂いに包まれて思考が停止する。


「本当に良かった」

鍾愛 29→←鍾愛 27



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.7/10 (111 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
1706人がお気に入り
設定キーワード:文豪ストレイドッグス , 文スト , 太宰治   
作品ジャンル:恋愛
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

桜雪(プロフ) - キャラメル味さん» ありがとうございます!頑張りますね、、、オチ楽しみにしててください! (6月4日 17時) (レス) id: ef0eaf48d3 (このIDを非表示/違反報告)
キャラメル味(プロフ) - オチがしりたいです!これからも更新楽しみにしています頑張ってください! (5月31日 1時) (レス) id: e1584a2181 (このIDを非表示/違反報告)
桜雪(プロフ) - 栗芋さん» 私もです(禿同) (3月1日 14時) (レス) id: ef0eaf48d3 (このIDを非表示/違反報告)
栗芋 - 私も中也に心配されてみたい(._.) (3月1日 13時) (レス) id: 56492bf036 (このIDを非表示/違反報告)
桜雪(プロフ) - 雑草と花さん» コメントありがとうございます。春雛ちゃん…今後の展開、楽しみにしててください! (1月30日 22時) (レス) id: ef0eaf48d3 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:桜雪 | 作成日時:2020年1月25日 21時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。