占いツクール
検索窓
今日:2 hit、昨日:77 hit、合計:14,177 hit

廿壱 細胞 ページ22

気が付いた時には、わたしは両手を後ろで拘束されていた。鬼の狙いにいち早く気付いた杏寿郎も、不意を突かれたために、反応が遅れた。

「この娘が大事なのか?杏寿郎」

なんとか鬼の手から逃れようと暴れてみるも、やはりと言うべきか、ビクともしない。

「Aさん!」

炭治郎くんも、傷のせいで立てない。なのに、わたしを助けようと刀を握ろうとする。
痛いだろうに、苦しいだろうに、立ち上がろうとしてくれている。わたしなんかのために。

「鬼になれ、杏寿郎。見たところ、この娘は長くないだろう。鬼になれば、娘の病気は治る。お前もこの娘と永遠に生きられるぞ」

杏寿郎は、鬼にはならない。けれどほんの一瞬、1秒にも満たない時間だが、杏寿郎の瞳が揺れた。
わたしの病気が治る。生きられる。
けれど、杏寿郎は首を縦には振らない。
可能性にないわけではなかった。わたしが原因で、杏寿郎に危険が及ぶことを。
だから、決めていた。もしもわたしのせいで、杏寿郎の命が危うくなったそのときは。
わたしは舌を噛み切ろうと、顎に力を入れた。しかし、それは呆気なく阻まれてしまう。

「そう死に急ぐな」

わたしが噛んでいたのは、鬼の手だった。
舌を噛もうと口を開いた瞬間に、手を突っ込まれたらしい。気分が悪い。

「ん〜!」

鬼を睨みつけてやるも、わたしなど一瞥せず、鬼は杏寿郎に熱い視線を向けている。
同時に、口の中に何かが広がった。鉄臭い何かが、喉をすり抜け、体内へ流れ込んでくる。
これはダメだと、頭の中で警報が鳴り響く。今すぐに吐き出せと。

「……少し量が多すぎたか」

身体中に、激痛が走る。
身体の細胞が、全て作り変えられているような、わたし自身が消えてしまうような、不気味な感覚。
吐き出そうと咳をする。血痰が出ても、喉の奥がカラカラになってもやめない。
両手の拘束が解かれ、そのまま地面に蹲り、口を手で押さえる。

「A!」

誰かが呼んでくれている。
知っている声なのに、分からない。
喉が渇いて仕方がない。水が欲しい。いや、水ではこの渇きは潤わない。
目の前にいる誰かが、わたしに手を伸ばすのを最後に、わたしの理性は吹き飛んだ。

「適応したか」

最後に、そんな声が聞こえた気がする。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

善逸「俺の出番なくない?」
A「禰豆子ちゃんと戯れてるのでOKです」
伊之助「超短編フラグはどこ行った」

廿弐 迷い→←廿 赫怒



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (38 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
48人がお気に入り
設定キーワード:鬼滅の刃 , 煉獄杏寿郎 , 鍔職人
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

squid(プロフ) - 愛羅さん» 返信が遅れてすみません!感動系は少々苦手なのですが、そのように思っていただけたなら幸いです!完読ありがとうございます! (7月1日 6時) (レス) id: bf945fda6a (このIDを非表示/違反報告)
愛羅(プロフ) - 感動しました!涙が止まりません…( ; ; ) (7月1日 0時) (レス) id: 83407bc1eb (このIDを非表示/違反報告)
squid(プロフ) - ぶるこ。さん» コメントありがとうございます!素敵な夢だなんてとんでもないです。完読していただきありがとうございます。 (6月17日 7時) (レス) id: bf945fda6a (このIDを非表示/違反報告)
ぶるこ。 - 涙ぼろぼろです。素敵な夢をありがとうございます…。 (6月17日 2時) (レス) id: 48aba5c9ee (このIDを非表示/違反報告)
squid(プロフ) - キノさん» コメントありがとうございます!そう言っていただけて嬉しいです。 (6月14日 15時) (レス) id: bf945fda6a (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:squid | 作成日時:2019年5月11日 17時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。