占いツクール
検索窓
今日:67 hit、昨日:1 hit、合計:7,583 hit
僕らの人生は結構楽しかった。




だってアイドルになれたから、輝く人になれたんだから。




僕らは女はいらない。そう思っていた。





メイクの人、スタイリストの人、スタッフ。家政婦でさえ





僕ら目当ての人達ばっか。





だけど君は君だけは違ったのに。






どーして、忘れちゃったの。




突然君は記憶を消した。あの、雪の降る日



僕達のせいだよねごめん




真実を知られるのはまたあとお話…………執筆状態:連載中
































おもしろ度の評価
  • Currently 9.80/10

点数: 9.8/10 (20 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
53人がお気に入り
設定キーワード:防弾少年団 , 奇跡 , シェアハウス
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

(名前)(プロフ) - ユキナさん» ありがとうございます!今すぐ更新します! (2018年7月31日 19時) (レス) id: 5778180fe5 (このIDを非表示/違反報告)
ユキナ - 面白い!更新まってます! (2018年7月31日 19時) (レス) id: 098efb9201 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:(名前) x他2人 | 作成日時:2018年7月30日 17時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。