占いツクール
検索窓
今日:7 hit、昨日:15 hit、合計:5,052 hit

50. ryota side ページ5

.






実礼「え、Aにバレちゃったんですか?」



『うん…』







Aちゃん達とあった日の事を、


実礼ちゃんに髪をセットしてもらいながら話した。







実礼「まあそうなると思ってましたけど」



『え、なんで?』



実礼「だって片寄さん
ちょっと抜けてるとこあるから、
自分でポロッと言っちゃうんじゃないかなぁって玲於くんと話してたんです」



『…』



実礼「…やっぱり」







まさかそこまで当てられるとは。


てゆうか全部じゃん。





俺ってなんでそんな分かりやすいのかな、







実礼「まあでも良かったじゃないですか。
これでAと距離が縮まったはずですし」



『だといいけどなぁ』



実礼「きっと大丈夫ですよ。片寄さんなら」



『そうかなぁ』



実礼「てゆうか、Aが男の人と
そこまで仲良くする事中々無いですからね?
普通に話せるだけでも凄い事ですよ」



『う〜ん、』





龍友「何の話?」



実礼「え!」






やばっ






『いや、今度Aちゃん達との
ご飯会いつがいいかな〜って。ね?』




実礼「え?あぁ、そう!そうなんです!
いつにしようかなって。ね?(汗)」



龍友「ほんまに〜?」



『ほんまほんま!』





バレるかな…





龍友「ふ〜ん、まぁえっか。
実礼ちゃん次俺ね〜」



実礼「あ、はい!」







なんとか切り抜けた…







実礼「ふぅ、危なかった〜」



『実礼ちゃんってさ、絶対嘘とか下手なタイプだよね?』



実礼「な、片寄さんに言われたくないですよ!」




『絶対玲於に嘘バレてるでしょ(笑)』



実礼「まぁ、それはそうですけど…」






玲於「俺がなに?」




実礼「わぁぁ!玲於くん?!」



玲於「何やってんの」



実礼「ううん!何でもない!うん!
片寄さんできたからもういいですよ!」



『ああ、ありがとう』







玲於「何の話してたの?」



実礼「べ、別に何も?」



玲於「それぜってぇ嘘だろ」



実礼「そんなことないよ!(汗)」









相変わらずだなぁ(笑)




いいなー、こういうの






いつか俺も、



こうやってAちゃんと笑い合いたいな。








.

作者です。→←49.



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.4/10 (32 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
207人がお気に入り
設定キーワード:片寄涼太 , GENERATIONS   
作品ジャンル:恋愛
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

いちご(プロフ) - 姫花さん» 返信遅くなってしまい申し訳ございません。凄く嬉しいです!ありがとうございます! (8月25日 21時) (レス) id: 7c0767c2e9 (このIDを非表示/違反報告)
姫花(プロフ) - いつも楽しく読んでます!次も楽しみにしてます! (8月19日 16時) (レス) id: d5ee9a39f0 (このIDを非表示/違反報告)
いちご(プロフ) - みく@企画垢さん» すいません!教えてくださいありがとうございます! (8月13日 19時) (レス) id: 7c0767c2e9 (このIDを非表示/違反報告)
みく@企画垢(プロフ) - オリジナルフラグを外してくださいね (8月13日 17時) (レス) id: e89ce37d74 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:いちご | 作成日時:2017年8月13日 3時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。