占いツクール
検索窓
今日:96 hit、昨日:321 hit、合計:83,248 hit

104. ページ7

Aside

朝、玄関でロボロくんの大きな声が聞こえ、早速チョコを渡そうとロボロくんの元へ向かう。

上履きに履き替えた彼が、その場から去る前に「ロボロくん」と急いで声をかける。

私の声にピタッと動きを止めたロボロくんは、ゆっくりと此方を向いた。

お互いに挨拶をした後、私はロボロくんに近づきながら、自分の鞄を漁った。

貴「実はロボロくんに渡したい物が…」

rbr「え!?」

貴「チョコなんです「えぇ!?」」

私の言葉に食いぎみに驚くロボロくん。

あった…!

やっと見つけたロボロくんへのチョコを取り出す。

貴「はい…!今日はバレンタインなので」

rbr「えぇぇ!?良いんですか…!!あ、ぁりがとぅござぃます…」

ロボロくんに差し出したチョコを彼の震える手が受け取る。

何故か涙声のロボロくんは嬉しそうに笑った。

rbr「めっちゃ嬉しぃ…」

貴「良かったです」

大事そうにチョコを見つめるロボロくんに、私の心が暖かくなった。

rbr「俺、大事に食べますね…!」

ロボロくんはソッと鞄にチョコをしまうと、深く頭を下げ、自分の教室へと向かっていった。

喜んでもらえて良かった…

ロボロくんの後ろ姿を眺めながらそんなことを思っていると、不意に肩をトントンと叩かれた。

反射的に振り向くと、そこにはオスマンさんがいた。

os「おはよ〜」

貴「オスマンさん!おはようございます」

os「なぁなぁ今ロボロにチョコあげた?」

小さく首を傾げながら問いかけるオスマンさん。

貴「はい!あ、オスマンさんにも…」

私は鞄からオスマンさんへのチョコを取り出す。

貴「日頃の感謝を込めて…」

os「わ〜い!Aさんからのチョコや〜」

「ありがとう」と満面の笑みでチョコを受け取るオスマンさん。

彼もまた嬉しそうにチョコを見つめた


オスマンさんはしばらくチョコを見つめた後、ボソッと小さく呟いた。

os「俺、Aさんのこと好きなんかも…」

貴「……え?」

突然の言葉に私は目を見開いた。

オスマンさんはチョコから私へと視線を移すと、フワッと優しく微笑んだ。

os「Aさんと居るとな胸が熱くなるんよ。
多分これはな、Aさんのことが好きってことなんやろなぁって」

貴「それは…どういう意味の『好き』なんですか…?」

徐々に頬が熱くなるのを感じながら、オスマンさんの言葉を待つ。

os「どうやろね?」

貴「え」

「またね〜」と意地悪く笑った彼は小さく手を振りながら、その場を去ってしまった。

105.→←103.



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (268 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
889人がお気に入り
設定キーワード:wrwrd! , 学パロ   
作品ジャンル:恋愛
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

彼岸(プロフ) - よにんさん» コメントありがとうございます!これからも頑張ります! (5月24日 12時) (レス) id: e03bd05852 (このIDを非表示/違反報告)
よにん - めっちゃ面白かったです!応援してます(゚д゚)! (5月12日 19時) (レス) id: c1827a7d57 (このIDを非表示/違反報告)
彼岸(プロフ) - とこに。さん» コメントありがとうございます!あの方でございます!更新頑張りますね! (4月17日 21時) (レス) id: e03bd05852 (このIDを非表示/違反報告)
彼岸(プロフ) - ラクめぅさん» コメントありがとうございます!もしや…もしやのあの方です! (4月17日 21時) (レス) id: e03bd05852 (このIDを非表示/違反報告)
彼岸(プロフ) - 多分生きてるUMAさん» コメントありがとうございます!夢主ちゃんを気に入って頂けて嬉しいです!まさかのあの方です…! (4月17日 21時) (レス) id: e03bd05852 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:彼岸 | 作成日時:2020年2月4日 17時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。