占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:48 hit、合計:54,286 hit

12話 ページ13

週明けの月曜日
鳴宮が朝練へやって来た
弓を持って来ていて若しかして…と思ったが本当に来てくれるとは思わなかったので嬉しく感じた

湊「部に入るつもりはないとか俺はもう弓引きじゃないとか色々言ったけど…やっぱり俺弓を引きたいんだ。

今までの態度は謝罪します。
俺を入部させて下さい、お願いします」

静「もちろん異存はないよ」

妹「反対する理由は無いね」

頭を下げる鳴宮に静弥は笑顔で答える
静弥を一瞥して梨可も了承をした

静「ようこそ風舞高校弓道部へ
戻って来てくれて嬉しいよ湊」

遼「よぉし!これから一緒に頑張ろうな湊!入る気になってくれたって事はその…早気ってのもバッチリ治ったって事だもんな!」

鳴宮に肩を回し遼平は明るく言うが早気はそう簡単に治るものでもない

湊「いや、早気は治ってないんだ」

遼「え!?そうなの!?」

静「そんな簡単に治るものじゃないのは分かってるよ、ゆっくりやればいいよ」

海斗は鳴宮の前まで進むと仏頂面でこう言った

海「治ってないのにお前は部にノコノコ入ろうってのか」

湊「あぁ」

鳴宮は海斗の目に臆することなく見つめる
遼平は不安げに2人を見つめる

「ふぁ〜」

妹「こら欠伸しないの」

「梨可はお母さんみたいねぇ」

花「確かに」

ケタケタと笑っていると海斗に睨まれた

海「さっきからうるせぇんだよ」

「それはそれは申し訳ありません」

執事の様に仰々しく頭を下げると海斗はもっと怒った

朝練は不穏な空気を残しつつゆっくりと時間が過ぎていった

13話→←11話



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.7/10 (29 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
126人がお気に入り
設定キーワード:ツルネ , アニメ沿い   
作品ジャンル:アニメ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:卯月@スイ | 作者ホームページ:http://weareasas  
作成日時:2018年12月22日 21時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。