占いツクール
検索窓
今日:33 hit、昨日:39 hit、合計:15,013 hit

第13話 夏の風物詩 ページ15

夏になった。
繁忙期も無事に終え、落ち着いてきた頃にそれは言った。


「花火やりてぇ」

「花火?」

「花火師呼ぼうぜ」

「待て待て待て」


五条も私も揃って首を傾げる。
私は花火と言っても縁遠いものだが五条はちょこちょこ見ていたのではないだろうか。七歳の誕生日とかに打ち上げたとか何とかかんとか噂で聞いた事がある。


「夏油どうかした?」

「花火師なんて呼ばなくても、花火は出来るだろう…?」

「そうなの?」


夏油を見上げれば呆れた様な表情で私と五条を諭す。最近五条とは仲良くなってきたのだ。前の任務で少し建物を半壊させて(不慮の事故)その時に漸く実力を認められた。五条に認められたから何だという話だが私と五条からしたら重要な事だった。私が鳴神家と今は本当に関わりが無いと知ると警戒を緩め今ではよくじゃれ合うようになった。


「Aもお嬢様だったな…」

「あまりにも家庭的だから忘れそうになるよな」


夏油は頭を抱え硝子は呑気に笑いとばす。その手には私が作ったクッキーを持っている。
これぞ幸い、皆任務は無く暇を持て余しているので近場のコンビニへと行き花火を買う事になった。

第14話 夜空に咲く花を手に→←第12話 黒い塊と優しさ



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (29 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
88人がお気に入り
設定キーワード:呪術廻戦 , 夏油傑   
作品ジャンル:アニメ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

卯月@スイ(プロフ) - ナッツさん» コメントありがとうございます!!がんばりますね! (1月20日 7時) (レス) id: 6ffd6a43ea (このIDを非表示/違反報告)
ナッツ(プロフ) - ニヤニヤしながら見てしまいました(^^)更新楽しみにしていますっ! (1月19日 22時) (レス) id: 528660073f (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:卯月@スイ | 作者ホームページ:http://weareasas  
作成日時:2021年1月14日 15時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。