占いツクール
検索窓
今日:9 hit、昨日:214 hit、合計:16,484 hit

真選組動乱篇/策士策に溺れる ページ31

パチリと、伊東の目が開いた。


風が上から下に吹くのを感じて下を見れば、ポッカリと穴が空いている。


それに動じず今度は右や左を見渡せば、そこは電車の様だった。


上着に引っ張られているのを感じるのは、上着が何か引っかかって自分をここに留めてくれているから。




辺りに彷徨わせていた伊東の目が、椅子に瓦礫と共に転がる左腕を見た途端、喜びに沸いた。


「土方」と思わず声がもれる。




「そうか・・・僕は・・・勝った。僕はついに、土方に勝っ、」




そこで、自分の左腕が無い事に気付いた。




「うわァァァァァァァ!!」




右腕で傷を押さえて叫ぶ伊東の耳に、バラバラと何かが近付いてくる様な大きな音が届く。


それは、ヘリコプターだった。




「や・・・やめてくれ」




伊東の呟きも虚しく、ヘリコプターからは銃弾が次々と飛んでくる。


その内の1つが伊東の上着を引っかけていた所にドンと当たる。


瞬間、とてつもない浮遊感が伊東を襲った。




やめてくれ。


僕は、こんな所で死ぬ男じゃない。


やめてくれ。


僕はもっと、できる男なんだ。


もっと、もっと。

真選組動乱篇/もっと、→←真選組動乱篇/ある夜



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (23 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
39人がお気に入り
設定キーワード:銀魂 , 真選組 , 原作沿い
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

(プロフ) - なるほどです!ありがとうございます! (12月17日 18時) (レス) id: d4e761c72f (このIDを非表示/違反報告)
ゆず(プロフ) - 哀さん» すみません! 次巻は用意をしただけで、まだ1ページも書けていないんです。でき次第すぐに公開します (12月17日 16時) (レス) id: e1a0e02e53 (このIDを非表示/違反報告)
アスミ - パスワード教えて欲しいです! (12月17日 15時) (レス) id: 41e9138099 (このIDを非表示/違反報告)
(プロフ) - はじめまして!とても面白かったです!次の作品も読んで見たいのでパスワードを教えて頂けると嬉しいです! (12月16日 16時) (レス) id: d4e761c72f (このIDを非表示/違反報告)
ゆず(プロフ) - %さん» 結構長いのに、2日で読んで下さるなんて…! とても嬉しいです。頑張ります! (12月15日 22時) (レス) id: e1a0e02e53 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ゆず | 作成日時:2019年11月29日 17時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。