占いツクール
検索窓
今日:756 hit、昨日:1,706 hit、合計:403,093 hit

ページ7



注意





Aが与えられる刺激に夢中になっているうちに、ブラのホックを外した北斗は露わになった胸の突起に吸い付いた。



「あぁ、ん!んッ、ぁ、!んっ、」


急な強い刺激にあえぐA、




一方は揉みしだかれ、

一方は突起を舌先で転がされ、軽く噛まれ、


胸元にある北斗のパーマ掛かった黒髪をくしゃっと軽く掴む。



「んぁ、っほくっ、と、ぁ、んむ、」


北「A…、」





北斗の

指が長く関節が太い、男の手、

熱い口内、柔らかい舌、

全てが刺激になってしまう、




Aは、ただひたすらに感じていた。





「ん、ぁ、あ、っぁん、」



幾らか時は経ち、急に、それまで胸元を這っていたはずの唇をふいに離れた。





北「…はぁっ、すげぇ、かわいい、」


「ッ/// はぁ、はぁ、っん、///」



Aの蕩けきった顔、


欲が含まれた瞳に映る北斗、


北「…っ、その顔誰にも見せないで、俺だけに、見せて、」


Aを愛おしそうに目を細めながら見つめ、赤い頬を撫でる。





垂れる前髪の隙間から見える欲を含んだ目、


端に見える筋張った腕、


上下する喉仏、


あぁ、


「(彼に堕ちてしまいそう、)」






北「…ずっとこうしてたかった、」



このときすでに思考が停止していたAはここが楽屋だということを綺麗さっぱり忘れ、抵抗するという考えは無くなっていた。


誰か来るかもしれない状況にも関わらず、北斗もさえも我を忘れ、Aを欲していた。





北斗は更に手を下に進める。


その手は太ももの滑らかさを味わうように撫でていき、


そして、遂にはAの秘所を布越しに触れた。



「っぁ!?、や、!あん、ほく、!んっ」



指を割れ目に沿って上下に撫でると、大きく声を上げる、



北「…A、」



脚を閉じようとするAの片脚をグッと持ち上げ、上にある突起を指先で弾く、



「ひゃぁぁ、っぁん!
だ、め、んぁっ」



北「ッ感じすぎっ、そんなにいい?」





よがるAをみて息が上がる北斗、




早く、Aを感じたい。




そしてショーツに手を掛け、





コンコンッ

スタッフ「Aさーん?」




北「っ!!」
「っ!!」


はっ、と現実に引き戻されたふたり、



Aは瞬時に起き上がり、北斗に目掛けて横にあったクッションを投げ、


北「っうお!」


そして急いでバスローブを羽織り、ドアを少しドアを開けた。



.

▽→←▽



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (339 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
2050人がお気に入り
設定キーワード:SixTONES , 紅一点 , ジャニーズJr.
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

心花(プロフ) - R18せっていはどこからすればいいですか? (7月4日 0時) (レス) id: f568e8ec37 (このIDを非表示/違反報告)
ちか(プロフ) - りんごさん» りんごさんリクエストありがとうございました!こちらこそこれからもよろしくお願いします☆ (7月2日 2時) (レス) id: f476d94f24 (このIDを非表示/違反報告)
りんご(プロフ) - リクエストありがとうございます!!!これからもおエロいお話楽しみにしてます(o^^o)笑笑 (7月1日 20時) (レス) id: f828749c3c (このIDを非表示/違反報告)
ちか(プロフ) - れく@ きょもほく同盟@まお大好きさん» こちらこそリクありがとうございました!秩父の回は他の方からリクを頂いているので書く予定です!(温泉の回かはまだ未定ですが) (7月1日 1時) (レス) id: f476d94f24 (このIDを非表示/違反報告)
ちか(プロフ) - ゆらさん» ナンパ男たちにはすぐ退散してもらいたくさっさといなくなってもらいました笑 北斗の嫉妬独占欲は今後も出していきたいです笑 (7月1日 1時) (レス) id: f476d94f24 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ちか | 作成日時:2019年5月18日 2時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。