占いツクール
検索窓
今日:1,064 hit、昨日:1,706 hit、合計:403,401 hit

ページ3

.





北「っ、」


目が合ったAは頬は紅潮し、いつもとは違う雰囲気を醸し出していた



いつもの可愛らしい姫ではなくて

色っぽくて、憂を帯びながら

そう、なにか、物欲しそうな、顔で。






北「……あいつらとの撮影でなんかあった?」


「っ、いや、なんも…なかったよ…」



北「キスでもされた?」


「さ、さっ、されてないよ!?」


北「…されたんだな」



北「(図星かよ。ちっ、くそ、イライラする、)」




北「で、Aもされるがままに身体許しちゃった訳か、」


「、抵抗したもん!ちょっといたずらされただけだし!」




頬に手を置きながら、Aの唇を優しく親指でぬぐうようになぞる。


「ッ、」


北「ふーん、じゃ今も抵抗できるってことだよね?」





北斗は我慢できず、彼女の唇に吸い付いた。


この時の北斗にはとうに緊張というものはなく、メンバーへの嫉妬に支配されていた。



驚いて身を引こうとしたAの頬に添えていた手を後頭部に回し、グッと抑え、そのまま啄んだ。


「んん、ッ…!?」



角度を変えて唇が吸われる感触に、驚いて固まるA。



反応が初々しくて、もっとしたくなる、

北「(柔らかくて甘い…)」



北斗はそう思いながら一度唇を離し、そして、Aを押し倒した。



「ほく、と、!…ど、した……ッんぅ…」



再び唇が塞がれて、言葉が途切れた。


「!」


唇を割り、舌が入ってきてAは目を見開く

すると、前髪が少し垂れた、伏せ目がちの北斗と目が合う。



Aは、ぞくりと背中から腰に甘い痺れが走り、ぎゅっと目をつぶった。



北「(かわいすぎ、)」



北斗はAの頭を撫でながら、器用に舌を絡めていく。



「んっ、…ッ…」


ぬるりとした感触が触れ合い、


北斗が舌を吸うとビクッと肩を揺らすA



北「、はぁA…」



北斗の嫉妬心がAにぶつけられるかのように、深く、長いキス。




「まっ…ん、ほく、と、ッぁ、……」

こんなキスされたら、勘違いしちゃうよ、






熱いキスが交わされ続け、息が苦しくなってきたAは力を振り絞り、北斗の厚い胸板を叩く。



そしてすぐに舌が抜かれ、無意識に息を止めてしまっていたAは一気に空気を吸い込んだ。





北「…あいつらより気持ちよかった?」


「、はぁはぁ、ッ、バカっ、」


蕩けるような顔のAに余裕のある顔をしめる北斗。


「、キスなんて、だれに、も、されてないッ」




.

▽→←ホクホクと姫



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (339 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
2050人がお気に入り
設定キーワード:SixTONES , 紅一点 , ジャニーズJr.
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

心花(プロフ) - R18せっていはどこからすればいいですか? (7月4日 0時) (レス) id: f568e8ec37 (このIDを非表示/違反報告)
ちか(プロフ) - りんごさん» りんごさんリクエストありがとうございました!こちらこそこれからもよろしくお願いします☆ (7月2日 2時) (レス) id: f476d94f24 (このIDを非表示/違反報告)
りんご(プロフ) - リクエストありがとうございます!!!これからもおエロいお話楽しみにしてます(o^^o)笑笑 (7月1日 20時) (レス) id: f828749c3c (このIDを非表示/違反報告)
ちか(プロフ) - れく@ きょもほく同盟@まお大好きさん» こちらこそリクありがとうございました!秩父の回は他の方からリクを頂いているので書く予定です!(温泉の回かはまだ未定ですが) (7月1日 1時) (レス) id: f476d94f24 (このIDを非表示/違反報告)
ちか(プロフ) - ゆらさん» ナンパ男たちにはすぐ退散してもらいたくさっさといなくなってもらいました笑 北斗の嫉妬独占欲は今後も出していきたいです笑 (7月1日 1時) (レス) id: f476d94f24 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ちか | 作成日時:2019年5月18日 2時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。