占いツクール
検索窓
今日:33 hit、昨日:221 hit、合計:51,517 hit
.


どうして、こんなことになったのか。
私には、わからない。
でも、1つだけ分かることがある。


__私は、呪われた存在だ。
どれだけあがいても、それは否定できない。


*********************


「どうして邪魔するんだ!そして、なんでここにいるんだ!?」

『あなたには関係ない!それに、あなたに話したって分からない!』

私の役目は……壊理を守ること。渡しはしない。

『あなたたちとは……決して分かりあえない!永遠にね!』


守り抜くんだ、絶対に!



*****************


同じような作品を見かけましたが、決してパクリなどではありません。作者自身が一から考えて書いたものです。
ご理解をお願いします。執筆状態:連載中

設定を行う場合はこちらをクリック

















test

おもしろ度の評価
  • Currently 9.83/10

点数: 9.8/10 (117 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
506人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

花音 - 読んでて凄く面白かったです!更新頑張ってください!応援してます! (1月24日 19時) (レス) id: 07869dbeb9 (このIDを非表示/違反報告)
柚子の香り - 惚れた (1月23日 18時) (レス) id: dcef99c13a (このIDを非表示/違反報告)
wo*rupisu(プロフ) - 更新頑張って下さい!! (1月16日 17時) (レス) id: 1ef614f15d (このIDを非表示/違反報告)
亜莉亜 - この作品の続き気になります更新頑張ってくださいね (1月16日 16時) (レス) id: 07751cebec (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:豆花 | 作者ホームページ:http  
作成日時:2020年1月13日 21時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。