占いツクール
検索窓
今日:1,075 hit、昨日:1,075 hit、合計:158,551 hit

64 ページ15





男湯の入口付近でしゃがみ込み、息を殺す私。

善逸みたいに耳のいい子があの中に居れば
ここにいることがバレてしまうからだ。


…まぁ、そんな子はいないかもしれないだろうけど…




匂いも勘づかれたら終わりだ。







「ねぇ、あと “ここ” しかなくない?」



「え、ここって男湯?そんなわけないでしょ」



「でも脱衣場に隠れてるかも。
ってか、逃げたのは一体誰だったの?」



「逃げるのは怪しいよね。もしかしてターゲットかな」





“ターゲット”


それは私の事だろう。





だいぶまずい状況になってしまった。




「ちょっと覗いてみる?
脱衣場にいなかったら諦めようよ」


「…そうだね。
相手が誰か分からない以上、関わるのは面倒臭いし」





いやいや、相手が誰か分からないのだったら追い詰めるしかないでしょ。

この子達やる気あんの?


とかこの状況で思ってしまったけど、今はそんな場合じゃない。余裕なんてない。






“ここ” すら覗かれる、と悟った私は
そっと立ち上がり、浴場へと忍び足で向かう。




引き戸を開けると、モワモワと湯気が私を包み込む。




「よし、じゃあせーので覗くよ?」



『(やばっ)』



「せーのっ」




間一髪、ギリギリで引き戸を閉め、ドアから離れた。



ここのドアは今見た時気付いたのだが、締まり切らないようだった。

つまり、隙間から私の姿が見える。



それを防ぐためドアから離れた。







……だが。





「えっ、今…!」



「どうしたの?」


「浴場の引き戸の隙間に誰かが居たような…!」


「私も見たよ。急いで入って行くところ。」





やばいやばいやばいやばい、
なに!?なんでみんなそんなに目がいいの!?





女の子たち3人の言葉に焦っていた時だった。





__「どうしたの?逃げたやつ、見つかったの?」



『…っ!!』





あぁ、この声。
なんでこんな時に出てくるかなぁ、






『………深琴かよ……』








あいつが、出てくるなんて。

65→←63



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (306 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
1180人がお気に入り
設定キーワード:鬼滅の刃 , 鬼滅 , 我妻善逸
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

らもちからのオモチ - いえいえ!全然!待てなかった私が悪いんです!続きも頑張ってくださいね(>ω<〃)〜 (12月2日 16時) (レス) id: 724d57d12d (このIDを非表示/違反報告)
おもち(プロフ) - らもちさん» やぁぁぁお待たせしました!!!!!やっと更新出来ました!!!!長らくお待たせしてすみません゚(゚´Д`゚)゚。お言葉嬉しいいいいい頑張ります!!!!!(;▽;) (11月30日 19時) (レス) id: 9123ab14eb (このIDを非表示/違反報告)
らもち - 更新再開願って待ってます!頑張っでください!孤独な私にとってはこの作品だけが命です!なので頑張ってください!!!! (11月30日 8時) (レス) id: 724d57d12d (このIDを非表示/違反報告)
おもち(プロフ) - をもちさん» ふふふふふ……!!宿題なんかさせないぞ……っ!!!(((o(*゚▽゚*)o))) (11月29日 22時) (レス) id: 9123ab14eb (このIDを非表示/違反報告)
をもち - …なんでこんなに面白いんだっ!!くそぉ!宿題ができないぞ??! (11月29日 0時) (レス) id: bbe87bcae1 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:おもち | 作成日時:2019年10月20日 23時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。