検索窓
今日:3 hit、昨日:0 hit、合計:12,995 hit






「まぁまぁ、落ち着けよ」



『うぅ、なんで毎回振られるんだろ…』





彼氏に振られて傷心した私の愚痴を聞いてくれた幼馴染からの衝撃の一言。





「傷付いたお前を励ますために大学の先輩、呼んでます」



『…は?』



「めめ、おっち〜!!…ん?およよ?だぁれその子」





目の前に現れたのは、彼氏に振られた原因でもある、私の生涯推しの佐久間大介だった。








もも🍑です( ¨̮ )

ご覧頂き、ありがとうございます!
のんびり更新していきますので、お気に召しましたらお付き合い下さい( ¨̮ )






☽リアル設定
☽女の子の苗字固定
☽⛄️のお名前をお借りしておりますが、本人様方には一切関係ありません
☽意味の無い低評価はご遠慮ください
☽評価やお気に入りなどして頂けると泣いて喜びます(;;)
☽コメントもお待ちしております(;;)





この作品の他に、ただのオタ友だったはずなのに〖桃〗というお話も同時に更新しております🌟
もしよろしければ、覗いて見てください( ¨̮ )


執筆状態:連載中






おもしろ度の評価
  • Currently 9.89/10

点数: 9.9/10 (109 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
656人がお気に入り
設定タグ:SnowMan , 佐久間大介 , 推し   
作品ジャンル:恋愛
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:もも | 作成日時:2021年11月15日 0時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。