占いツクール
検索窓
今日:3 hit、昨日:5 hit、合計:1,669 hit
**+**+**+



「ねぇ、そこの君。僕の話聞いていかない?」



あなたがいつも通りの帰り道を歩いていると路上にちょこんと1人で座る男の子。カラフルな帽子を被り、にやけながら貴方を見つめている。


気味が悪かったが不思議な雰囲気に引き込まれ、貴方は男の子の話を聞くことに。




「君は、今の生活に満足してる?」



男の子に問い掛けられ、あなたは考えた。大きく頷いた。しかし男の子は、「違うね」とあなたの意見を否定した。



「あなたは、職場、学校、パワハラ、いじめ…。あなたは、この世の中に疲れているんじゃない??」





図星だった。あなたは、何もかもに疲れ切っていた。学校も職場も人間関係も。



今日だって、わざわざ遠回りをして家に戻る時間を遅くしている。





「だったら、もう一度、人生をやり直してみない?」




男の子は、あなたの周りに円を書くと青色の光が貴方を包み込んだ。一瞬にして、貴方は別世界へと入っていく。



「目を開けてごらん?」





目の前に広がる広大な海、そこに堂々とそびえ立つ街。その名は【リィドゥシティ】



通称【やり直しの街】



「さぁ、君の第2の人生の始まりだ!」執筆状態:連載中










おもしろ度の評価
  • Currently 10.00/10

点数: 10.0/10 (8 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
2人がお気に入り
設定キーワード:ファンタジー , 異世界 , 募集企画 , オリジナル作品
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

まちゅ@三度目の正直 - 勝手な作者で大変申し訳ありません (3月19日 22時) (レス) id: b1133c30ec (このIDを非表示/違反報告)
まちゅ@三度目の正直 - 今回、何故か勝手にログアウトする形になってしまい、作品が書けなくなってしまいました。よって、募集を締め切らせていただきます。今、commuでお話されてる方は節度を守ってコミュニティをお楽しみください。 (3月19日 22時) (レス) id: b1133c30ec (このIDを非表示/違反報告)
まちゅ@三度目の正直 - こんばんは、IDは違いますがまちゅです (3月19日 22時) (レス) id: b1133c30ec (このIDを非表示/違反報告)
まちゅ@三度目の正直(プロフ) - 麻耶さん» おけーですよ! (3月17日 12時) (レス) id: b1133c30ec (このIDを非表示/違反報告)
麻耶(プロフ) - ノーマルで二人目を作成しても良いでしょうか? (3月17日 12時) (レス) id: 7151a6f9c0 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:まちゅ@三度目の正直 | 作成日時:2019年3月2日 22時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。