検索窓
今日:32 hit、昨日:296 hit、合計:7,498 hit
| CSS ☆☆☆





「アイドルになりたかった。誰からも忘れられないような、夢みたいな存在に!」



そう言って涙を零した君の姿が、瞼の裏に焼き付いて消えてくれない。





☆☆☆


これより綴られるのは、後に夢ノ咲に皇帝として君臨する少年とアイドルを夢見た少女の一年間の記憶である。




⚠︎︎以下の要素が含まれます⚠︎︎
死ネタ/幼少期捏造/既存キャラ血縁夢主
英智・敬人・零の旧い友人の話です。基本この3人メイン。
ノリと勢いで書いたので何でも許せる方向け

❥こちらもよろしくお願いします!
手のひらの上でサンバを踊るな【あんスタ】執筆状態:連載中


 






 
 
 











 
 

おもしろ度の評価
  • Currently 9.97/10

点数: 10.0/10 (33 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
122人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:紅鮭 | 作者ホームページ:なし  
作成日時:2024年6月8日 19時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。