占いツクール
検索窓
今日:64 hit、昨日:0 hit、合計:66,078 hit

164話 安室side ページ35

その後グラスを見つけ、晩酌を始める



「はーい、注ぎますよ」


「お願いします」



彼女は僕たち二人グラスにバーボンを注いでいく



「それにしても何故、モヒートとバーボン、ジンにお酒を絞ったんです?」



ここにはかなりのお酒があった気がしますが、と沖矢昴が言った



確かに、彼女の家にはかなりのお酒がある



しかも全て組織連中の名前の銘柄だ



「ラベルを見たとき、何だか懐かしい感じがしたんです」



少し哀しそうな顔をしながら言った



「何、言ってるんでしょうね?お酒の名前に懐かしいなんて」



今にも泣きそうな顔をする



僕は彼女の頭に手を伸ばそうとした



でも、改めて自分の手を見る



この手で彼を一度殺めたんだ



そう思うと何も出来なかった



「大丈夫ですよ。いつか理由が分かるはずです」



沖矢昴が彼女の手を乗せ撫でていた



僕には出来ないことが出来る沖矢昴に激しく嫉妬心を出る



「そうです、よね!あ、昴さん。氷とって来てもらっていいですか?」


「構いませんよ」



と沖矢昴は冷蔵庫に向かった。その方向を見詰める



「私は死なないよ」



ぼそりと聞こえた



「氷とって来ましたよ」



でもその声は雑音にかき消された

165話 沖矢side→←163話 安室side



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (53 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
158人がお気に入り
設定キーワード:名探偵コナン , 降谷零 , 安室透
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

青龍 葵(プロフ) - 誤字があります!P157で、またもや夢主は女性なのに「合鍵を彼から貰っていたから」の『彼⇒彼女』です。彼だと男性になります! (2018年7月24日 1時) (レス) id: 970e92a440 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ぼーばん | 作成日時:2017年1月8日 23時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。