占いツクール
検索窓
今日:9 hit、昨日:6 hit、合計:1,942 hit

夢見草 ページ7

『うわー、広い』




今日、確かに誰かの声が聞こえた。可愛らしい女の子の。


この屋敷に入る人なんて、使用人くらいしかいないのに。それも、かなり年をとった。

久しぶりに自分以外の女の子の声を聞いた。懐かしいとは思わなかった。それより好奇心が勝ったから。

精一杯の声量で、女の子に聞こえるように声を投げかけた。



「誰かいるのですか」って。


だけどその子はすぐ、ばたばた足音を鳴らしながら外へ出ていってしまった。

もしかして、おばけだと思ったのかしら。小さい子ならなおさら、怖がらせてしまったかもしれないわ。


それはともかく、今日の出来事はちょっとした大発見でした。誰かに私の声が届くと判ったもの。

使用人の方は、私がお話しようとしても答えてくれないから。もしかしたら私、透明人間なのかもって本気で心配してたのに。

小さいとき本で読んだ、透明人間。誰にも気づかれないで、一人寂しく死んじゃった。

私はずっとここで一人ですし、暗い部屋で本を読むしかやることがありませんし。世のなんの役にも立たないということなのですから、それは透明人間と言っても同義だわ。

だけど、今日は。

名前も姿も知らない女の子に、届かないと思っていた声が届いた。

私はここにいると、教えてくれた。


どんな子なのかしら。同い年がいいわ。そうね、友達にもなりたい。


私の金の髪と蒼の瞳を見ても、驚かないかしら。真実かは分かりませんが、私以外の人、みんな黒いというものね。


ああ、考えてるうちにどんどんわくわくしてきた。

お互い声以外何も知らないのに、会いたい。

友達になりたい。

一人じゃなくなるなら、なんだっていいわ。









部屋に一つだけの小さい窓。そこから見える桜の花。

桜は儚く散る。夢もまた、儚く散る。


はらはら舞うそれを見て、彼女はまた夢を見た。



ーーー

夢見草(桜)の花言葉

純潔、精神の美、優美な女性

鬼→←鬼



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 8.1/10 (19 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
3人がお気に入り
設定キーワード:オリキャラ , オリジナル , オリジナル作品
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ひすい | 作成日時:2020年12月1日 18時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。