占いツクール
検索窓
今日:13 hit、昨日:6 hit、合計:1,946 hit

ページ3

市場の喧騒は、木の上から聞くよりずっとうるさかった。

あたしは恐る恐る足を踏み入れたけど、すぐ引っ込めた。あまりにも人口密度高くない!?

人間ってこんなとこ歩いてんの!?


気を取り直して、店が立ち並ぶ大通りを歩く。道行く人々の中にはちらほらあたしに好奇の視線を向けるやつもいる。

へんな格好してないか不安になって、自分の服装を今一度確認。


その辺のお嬢さんが着てそうな青い着物に、髪には紅い牡丹のかんざし。ちゃんと角は隠してあるし、髪はまとめてくくり上げたけど、特に目立つ要素はないかな?

…と思ったのとほぼ同時に、自分の髪色のせいだと気づく。皆さん黒髪黒目で揃ってらっしゃいますもんね。

うーん、聞かれたらアレだな、染めてますって答えよう。髪を染めるだなんて聞いたことないけど。


そんなこんなしてる間にも、たくさんの人とぶつかる。中には不機嫌なおっさんとかもいて、睨みを利かせてくる。おっさんより強く睨み返したら、ひっなんて情けない悲鳴をあげてそそくさと立ち去っていった。


あたしは実質初めての街に流石に参ってしまい、人気のないところに行くことに決めた。

別に、軟弱とかひ弱じゃない。慣れなかっただけ。

鬼→←鬼



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 8.1/10 (19 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
3人がお気に入り
設定キーワード:オリキャラ , オリジナル , オリジナル作品
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ひすい | 作成日時:2020年12月1日 18時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。