占いツクール
検索窓
今日:3 hit、昨日:73 hit、合計:2,071 hit

夢見草 ページ15

「紅ちゃん、また来てくださるかしら…」


華麗に窓から出て駆けていった紅ちゃんを見送って、窓にもたれた。

優しくて、青い髪の、可愛い女の子。前に聞こえた声と同じ声で、私に話しかけてくれた。お友達になれたかしら。ねえ、爛?


『…ご主人様、あれを信じるんですか』

「あれだなんて言い方はやめて。紅ちゃんには名前があるわ」

『申し訳ありません。しかし…あの女は』

「…何?」

『……申し上げにくいのですが、人間ではありません。鬼と呼ばれる類の物怪です』

「鬼?本で出てくる、角の生えた悪者のこと?」

『そうです。僕には気づいていないようでしたが。恐らく、幾千もの鬼を従えるような大鬼かと』

「まさか。そんなことないわ」

『そんなことあるんです。一刻も速く関係を断ち切るべきです』

「あの子が鬼だろうと、あんなに優しかったのだからいいじゃない。私は何を言われようと、紅ちゃんのお友達です」

『…そうですか。余計な真似をしてすみません』

「気に病まないでください。あなたもあなたなりに心配してくれたのよね、ありがとう」

『はい。それでは僕はこれで』

「ええ」


もう、返事は返ってこなかった。しんと静まりかえる空間に取り残されたような感覚。


「………鬼…」


角の生えた傍若無人な、人々から恐がられる嫌われ者。

紅ちゃんが鬼なわけないじゃない。爛も大概なこと言うのね。

でも、もし本当に鬼だとしたら?



……変わらないわ。

紅ちゃんが鬼だとしても、きっと優しい鬼だわ。優しい鬼だって、すごくいいじゃない。

角が生えていたって、お友達も名前も欲しいはずだわ。目と髪の色が違うから、何よ。それなら私だってそうだわ。

嫌われ者だと言うけど、私は紅ちゃんが大好き。紅ちゃんが従えてると言った鬼だって、紅ちゃんが大好きなはずだわ。



「…紅ちゃん、また来てくれたらいいわね」


同じような言葉を、だんだん橙に染まる空に向かって投げかけた。

鬼→←鬼



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 8.1/10 (19 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
4人がお気に入り
設定キーワード:オリキャラ , オリジナル , オリジナル作品
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ひすい | 作成日時:2020年12月1日 18時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。