占いツクール
検索窓
今日:11 hit、昨日:798 hit、合計:129,540 hit

ページ23

無一郎 目線

邸でAの指の消毒をしていると
途中で、雷が落ちる

そういえば
A、雷嫌いだったっけ

そんなことを考えていると
Aが大声を出して、僕に引っ付く


誰にでも、こんなことしてるの…


僕だって、嫉妬はするのに



けど、Aは僕のことを“幼馴染み”とでしか見ないから
きっと、Aには僕以外に
好きな男でも出来るんだと思う



そんなのは嫌
僕は諦めたくない…

貴女『むいくん…
今日、泊まらせて…』

彼女は、小さな声でそう言う

《無一郎「僕だって、男だよ」》

そう言おうと
したけど、僕は止めた

《貴女『だって、むいくんはむいくんじゃん』》


君は、そう答えるとわかっていたから…

僕が泊まっていいと言うと
彼女は鴉を呼びに行く

けれど再び雷落ち
彼女は再び、大声を出す

僕が鴉はと聞いたら
君は玄関と答える

Aを行かせたら、絶対迷子になる
僕の中では、確信があった

1人で居させるのも、可哀想な気がするけど
1人で行かせて、迷子になるよりマシだと思った


すぐに戻る

と彼女に約束して
僕は部屋を出る


そして、すぐに玄関に向かう
彼女の言った通り、鴉は玄関のすぐ側にいた


無一郎「Aは今日、僕の家に泊まるから」

Aの鴉にそう言うと
鳴きながら、飛び立つ



早く戻ろう



僕は、急いで
彼女のいる部屋に戻る

無一郎「A、戻って来たよ」

彼女の名前を呼ぶが
返事がない

無一郎「A?」


部屋を歩き、彼女を探していると
部屋の隅で、彼女を見つけた


彼女は寝ていた

きっと、疲れていたんだろう…

幸せそうに、眠っている…

無一郎「無防備…」

僕のことを、男として見てない
今の彼女を見ればわかる

此処だと風邪をひく

僕は、彼女を横抱きにして
布団の上に寝かせる


軽すぎ…
ちゃんと食べてるのかな


僕は、一安心すると
彼女の頭を撫でる


無一郎「いつになったら僕の気持ちが
君に届くのかな…」

悔しい気持ちになる
今度、甘露寺さんに相談してみよう…


僕は、そう思いながら
彼女から離れる


けれど、突然
右手に暖かいなにかが触れる


無一郎「A…」

彼女が僕の手を握っていた

久しぶりだな
こういう感じ…

いつだったかな
前もあったようながする


《貴女『むいくん、手握って
むいくんの手、暖かいから私大好き…》


いつだったっけ
思い出せない…




今は温もりを大切にしたい




この温もりを感じながら
僕は、眠りについた…

恋の相談→←すれ違う思い


  • 金 運: ★☆☆☆☆
  • 恋愛運: ★★★☆☆
  • 健康運: ★★★★★
  • 全体運: ★★★☆☆

ラッキーアイテム

革ベルト

おみくじ

おみくじ結果は「末凶」でした!


目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (144 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
491人がお気に入り
設定キーワード:鬼滅の刃 , 時透無一郎 , 原作沿い   
作品ジャンル:恋愛
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

(プロフ) - 吹雪彩香さん» ありがとうございます!受験の関係で、更新遅いですが、宜しくお願いします! (12月28日 20時) (レス) id: 4f59bad892 (このIDを非表示/違反報告)
吹雪彩香 - いつも作品見ています!更新頑張ってください(^ ^) (12月28日 14時) (レス) id: 9f5e24e49c (このIDを非表示/違反報告)
(プロフ) - みみずさん» ありがとうございます!大変嬉しく思います。更新頑張りますね!これからも愛読して頂けると幸いです。槭にも伝えておきます! (12月8日 0時) (レス) id: 4f59bad892 (このIDを非表示/違反報告)
みみず - 初コメ失礼します!更新されたので見に来ました!!!槭さんめちゃめちゃ絵がお上手ですね!?!?描き方教わりたいです…。もっと槭さんのイラストも見てみたくなりました!勿論このお話も大好きです!これからも更新頑張ってください!!!!!!!! (12月8日 0時) (レス) id: b7af33a4da (このIDを非表示/違反報告)
(プロフ) - ゆるさん» ありがとうございます!これからも、よろしくお願いします! (12月6日 0時) (レス) id: 4f59bad892 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名: | 作成日時:2019年10月25日 0時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。